Critical Illness Polyneuropathy/Myopathy 治療

基本的にはCritical Illness Polyneuropathy/Myopathy(CIP/CIM)は予後良好の疾患で、原疾患が改善するとともにほとんどの例が数ヶ月かけて完治します。重症な軸索障害のある末梢神経障害は後遺症の残ることもあります。しかしながら、この疾患に罹患するとICUでの入院日数が49±36日(罹患していない場合は14±14日)と、3倍以上延長し、抜管までの時間(人工呼吸器使用期間)も延長します。

    1.危険因子を避ける
    コルチコステロイド(Corticosteroid)、神経筋遮断薬 (neuromuscular blocking agents, NMBAs)はICUで敗血症、SIRSなどに対してよく使用されますが、これらの使用を控える。
    2.インスリン
    インスリンで積極的に血糖コントロールすることによりCIP/CIMのリスクが低下します。
    3.免疫グロブリン
    免疫グロブリン大量投与は少数例では有効ではありませんでした。しかし、敗血症時に早期にIVIgを使用することによりCIPを防げるかもしれないとも総説に書かれています。
    4.リハビリテーション

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください