骨パジェット病と前側頭葉型痴呆を伴う遺伝性封入体筋炎(IBMPFD)

はじめに

筋や骨、中枢神経系など多くの臓器に蛋白凝集体を呈する遺伝性疾患であVCP関連多系統蛋白質症(MSP)の一つです。IBMPFD(inclusion body myopathy with Paget’s disease of bone and frontotemporal dementia)は、病名通りですが、封入体筋炎ALSFTD、骨パジェット病を種々の程度で併せ持つ臨床像を示すことのある、常染色体優性遺伝の疾患です。VCP(AAAタンパク質(ATPases associated with a variety of cellular activities)ファミリーに属する)、hnRNPA2B1、hnRNPA1などが原因遺伝子として知られています。
代表的なVCP遺伝子変異では、ATP産生能低下、オートファジーやアポトーシスの異常、Ubiquitinated proteasome系の異異常が引きこされると想定されています。
大脳皮質から運動ニューロン、骨格筋、骨まで幅広い臓器に変性が及ぶため診断は非常に難しい疾患です。前頭葉萎縮に筋力低下など、ALS-FTDを疑った際に、近位筋の筋力低下が目立つ場合に筋生検で、筋線維の封入体を探しに行くことが多いかと思います。あるいは筋力低下と認知機能障害の家族歴がある場合に疑ってみましょう。

症状
筋力低下:90%以上、骨格筋のみならず運動神経も変性する可能性があるので、遠位筋、近位筋ともに低下しますが、ALSにしては近位筋の筋力低下が強い様な印象があります。
溶骨性変化:約50%
FTD様認知機能障害:約33%、行動障害や精神症状の早期出現もまれではないようです。失語症状などもあります。FTLD-TDP subtypeのTypeDに分類されるのが、VCP(Valosin–containing protein)遺伝子ミスセンス変異に伴うIBMPFDになります。VCP遺伝子変異を認める90%以上の症例でミオパチーを認めます。

検査
血液検査:CK軽度上昇、ALP高値、血清N- or C- telepeptide
尿検査:尿pyridinoline
末梢神経伝導速度検査
針筋電図検査:筋原性変化に脱神経所見所見含む神経原性変化が混在します
神経心理検査:30%で前頭側頭型認知症
MRIFTD様の前頭葉と側頭葉の萎縮がみられます
骨の評価:骨X-p/CT、骨シンチグラフィー検査など
筋生検:IBMを示唆するRimmed vacuoleに加えて、小群集萎縮などの神経原性変化も混在してみられます。封入体筋炎類似の変化が検出されますが、VCP抗体を用いた免疫染色で空砲にVCP inclusionを伴うのが特長です。また、ユビキチン陽性のTDP nuclear or cytoplasmic inclusionなども見られます。
遺伝子検査

MSPの概念図

治療
disease modifying treatment(DMT)は今の所ありませんので、リハビリテーションや対症療法が主体となります。
Paget病に対しては、ビスフォスフォネート製剤が用いられます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください