Foix-Chavany-Marie症候群 (Opercular Syndrome:前部弁蓋部症候群)

前方弁蓋部の 損傷によって、顔面ー咽頭ー舌ー咀嚼筋の麻痺を呈する皮質型の偽性球麻痺です。皮質型の偽性球麻痺という聞きなれない状態ですが、本症候群では口、舌、顔面の自動運動を随意運動の乖離(automatic-voluntary motor dissociation)と、さらに進行すると重度の発語障害(anarthria; 失構音など)や嚥下障害が見られます。
例えば、嚥下や顔面の表情筋は意識して随意には動かせなくとも、自然な状況下では可能な状態です。

原因
血管性、感染症、てんかん、変性疾患など多岐にわたます。前部弁蓋部の機能障害が原因と考えられています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください