舞踏病(コレア)、バリスム 治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.原疾患の治療
言うまでもありませんが、最優先です
2.対症療法
これらの不随意運動は、D2受容体作動薬で増強し、拮抗薬で抑制される傾向にあります

    スルピリド(ドグマチール)
    ハロペリドール(セレネース):Hunchingtonなどではパーキンソニズムを悪化させてしまうので、少量のみ
    リスペリドン(リスパダール)
    オランザピン(ジプレキサ)
    Tetrabenazine:Wilson病に対する薬剤ですが、本邦未承認
    セルシン

3.その他の対症療法薬

    リボトリール

4. 外科治療

    視床(Vim核)あるいは淡蒼球内節の定位的破壊術
    脳深部刺激療法(DBS)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください