頚動脈病変 update

Clinical practice. Carotid stenosis. N Engl J Med. 2013;369:1143-50.
頸動脈狭窄に関する総説

Dietary Intervention to Reverse Carotid Atherosclerosis. Circulation. 2010 Mar 1.
2年間のプログラムで体重を減少させることにより頸動脈のプラークが退縮する

Effects of Intensive Medical Therapy on Microemboli and Cardiovascular Risk in Asymptomatic Carotid Stenosis. Arch Neurol. 2010;67(2):180-186.
無症候性の頸動脈病変に対してスタチンなどの積極的な薬物療法を行うことで、プラークの進展予防効果、経頭蓋ドップラーでの栓子シグナルの著明な低下、心血管イベントの減少効果が見られた

Carotid-artery imaging in the diagnosis and management of patients at risk of stroke.Lancet Neurol. 2009 Jun;8(6):569-80.
狭窄だけではなくプラークも評価できる頸動脈の画像検査についての最近のレビュー
Intracranial atherosclerotic disease: an update.Ann Neurol. 2009;66:730
頭蓋内動脈硬化病変のアップデート.抗凝固療法は抗血小板療法より優れてはおらず,高度の狭窄やTIAを繰り返す症例で血管形成術が進化してきている.

Strokes After Cardiac Surgery and Relationship to Carotid Stenosis. Arch Neurol. 2009;66(9):1091-1096.
心臓手術後の1.8%に脳卒中を発症したが殆どが主幹動脈の狭窄との関連はなく、頚部血管と心血管の同時手術は返って脳卒中の発症を増加させてしまう

Noninvasive MR imaging of cerebral perfusion in patients with a carotid artery stenosis. Neurology 2009 73: 869-875.
Arterial spin labeling MRIは、非侵襲的に症候性内頸動脈狭窄症例での血流評価が行える

Near-infrared spectroscopy in carotid artery stenting predicts cerebral hyperperfusion syndrome. Neurology 2009 72: 1512-1518.
近赤外線分光法(near infrared spectroscopy:NIRS)による頭蓋内ヘモグロビン濃度測定は頚動脈ステント後のcerebral hyperperfusion syndrome(過灌流症候群)の予測に有用である

Cerebral hemodynamics and cognitive performance in patients with asymptomatic carotid stenosis. Neurology 2009 72: 1062-1068.
無症候性であっても内頸動脈の高度の狭窄や脳血管反応性の低下がある集団は認知機能が低下していた

Results of the Stent-Protected Angioplasty versus Carotid Endarterectomy (SPACE) study to treat symptomatic stenoses at 2 years: a multinational, prospective, randomised trial. Lancet Neurol. 2008;7:893-902.
頸動脈狭窄病変に対してのステント治療は,内膜切除術と比べて2年間の追跡では脳卒中の再発率は変わりがないが,頸動脈の再狭窄を来しやすい可能性がある.

Endarterectomy Versus Angioplasty in Patients with Symptomatic Severe Carotid Stenosis (EVA-3S) trial: results up to 4 years from a randomised, multicentre trial. Lancet Neurol. 2008;7:885-92.
頸動脈狭窄病変に対してステント治療は,内膜切除術と比べて急性期に合併症が多いが,その後の4年間では脳卒中の再発率に差はない.

Carotid plaque computed tomography imaging in stroke and nonstroke patients. Ann Neurol. 2008;64:149-57.
頸動脈血栓が原因の急性期脳梗塞患者では,CTの頸動脈血管撮影で健常な頸動脈と比べると,壁容量や線維性被膜の厚さ,脂質や石灰化の数などに有意な変化がみられる.

Characterisation of carotid atheroma in symptomatic and asymptomatic patients using high resolution MRI. JNNP. 2008;79:905-12. Epub 2008 Jan 10.
高解像度MRIでは,症候性の頸動脈アテロームには症候性の出血や血栓,線維性被膜の破綻や菲薄化が見られる.

Identifying vulnerable carotid plaques by noninvasive imaging. Neurology 2008 70: 2401-2409.
脳梗塞発症リスクの高い頚動脈病変を検出する検査法に関するレビュー

Long-term results of carotid stenting versus endarterectomy in high-risk patients. NEJM. 2008;358:1572-9.
危険性の高い高度の頚動脈狭窄患者では,塞栓防止装置のついたステント留置は,内膜切除術と3年の予後で比べても遜色が無い.

The NIH registry on use of the Wingspan stent for symptomatic 70?99% intracranial arterial stenosis. Neurology 2008 70: 1518-1524.
頭蓋内動脈が70?99%狭窄している症候性の患者に対するWingspanステント治療は、比較的安全で再狭窄も多くはないがアスピリンやワーファリンの効果を上回らなかった

Clinical and angiographic risk factors for stroke and death within 30 days after carotid endarterectomy and stent-protected angioplasty: a subanalysis of the SPACE study. Lancet Neurol. 2008;7:216-22.
68歳以上の高齢では,頸動脈ステント留置後の脳卒中発生率が高くなるが,内膜切除では変わらない.

Carotid plaque, a subclinical precursor of vascular events: The Northern Manhattan Study. Neurology 2008 70: 1200-1207.
頚動脈にプラークがあると血管系イベントの発症率が上昇するが、Maximum carotid plaque thicknessが1.9mm以下(軽度の病変)群であっても脳梗塞、心筋梗塞のリスクは高くなる

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください