頚動脈病変 診断

内頸動脈病変の診断は、bifurcation部はエコーが最も解像度が良く、IMTの測定やプラークの種類も判定できます。一方で、tandem病変の検索に、頸部動脈CTA or CTA、頭蓋内MRA or CTAの検索も必要になります

検査

    頚動脈エコー
    頚動脈CTA or MRA:特に前者は造影剤が必要です
    プラークMRI:いわゆるプラークimagingですが、プラークの質的診断が可能です
    ダイアモックス負荷SPECT

ic-stenosis
頚動脈CTA、3D reconstruction像
右内頸動脈分岐部に高度の狭窄を認めます


coler doppler
頚動脈カラードップラーエコー
MRAで見られた狭窄部位は、エコー上もLowからIso echoicなプラークが存在し、強い狭窄が見られます

コメントを残す