Trousseau(トルーソー)症候群 診断

概念
トルーソー症候群は、潜在性の悪性腫瘍の遠隔効果により神経症状を生じる傍腫瘍性神経症候群の一つで、悪性腫瘍に伴う血液凝固完進により脳卒中症状を生じる病態です。
脳は凝固外因系の引き金となるトロンボプラスチンが豊富で、トロンビンの拮抗因子であるトロンボモジュリンが乏しいため播種性血管内凝固異常症の標的臓器となりやすいようです。
原疾患の治療と抗凝固療法が必要です。

脳卒中の原因

    DICに伴う非細菌性血栓性心内膜炎(NBTE)による心原性脳塞栓:最も多い
    血管内凝固による微小血栓・塞栓:二番目に多い
    深部静脈血栓症を併発した卵円孔開存による奇異性脳塞栓症
    脳静脈洞血栓症
    腫瘍塞栓

原因となりやすい癌
固形癌が多く、その中では乳癌や子宮癌などの婦人科的腫瘍が最も多いようです。その他の癌としては,肺癌,消化器癌,腎臓癌,前立腺癌など

想定される凝固能亢進のメカニズム
腫瘍細胞による凝固活性化機序に関しては、凝固カスケードを活性化する組織因子、腫瘍プロコアグラント、第V因子受容体などの腫瘍細胞自体の発現、各種サイトカインや腫瘍抗原とその免疫複合体を介した血小板や内皮細胞との細胞間相互作用の惹起などが想定されています (Best Pract Res Clin Haematol 22:3, 2009)

ntbe

拡散強調画像(DWI)
両側大脳半球や脳梁に多発する虚血性病変を認めます
mra

MRA
明らかな異常を検出できません

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください