レム睡眠行動異常症 update

White and gray matter abnormalities in idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder: A diffusion-tensor imaging and voxel-based morphometry study. Ann Neurol. 2010 Dec 28.
特発性REM睡眠行動障害の患者の脳MRI拡散テンソル画像の解析では,中脳被蓋や橋の脳幹部白質や海馬の灰白質に異常が見られた.

REM sleep behavior disorder preceding other aspects of synucleinopathies by up to half a century. Neurology 2010 75:494-499
レム睡眠行動障害とPD, MSA, DLB発症の危険性に関する総説

Severity of REM atonia loss in idiopathic REM sleep behavior disorder predicts Parkinson disease. Neurology 2010 74: 239-244.
特発性レム睡眠行動異常症では、特にレム睡眠中に筋活動低下を伴わない場合、その後パーキンソン病を発症する危険性が高い

Mild cognitive impairment in rapid eye movement sleep behavior disorder and Parkinson’s disease.Ann Neurol. 2009;66:39-47.
REM睡眠行動異常があると,パーキンソン病でもそうでなくても,認知機能の障害が存在する可能性が高い.

Quantifying the risk of neurodegenerative disease in idiopathic REM sleep behavior disorder. Neurology 2009 72: 1296-1300.
レム睡眠行動異常症症例は将来、パーキンソン病やレビー小体病などの神経変性疾患を発症する危険性が5年で18%、10年で40%と高率である

Nonviolent elaborate behaviors may also occur in REM sleep behavior disorder. Neurology 2009 72: 551-557.
REM睡眠行動障害では非暴力的な行動を取る頻度は少ないが、文化的な行動や会話が多く大脳皮質由来の症状と考えられる

Executive dysfunction and memory impairment in idiopathic REM sleep behavior disorder. Neurology 2008 70: 1250-1257.
特発性レム睡眠行動異常症(iRBD)患者は健常人と比較して認知機能が低下し、覚醒時にも脳波の徐波化が認められる

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください