くも膜下出血 診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診断

    脳CT:下の写真のように出血が可視化出来ていれば診断は容易です
    脳MRI:脳CTでは検出出来ない出血も検出されることがあります。FLAIR、T2*、DWIは必須のシークエンスです
    脳MRA、3D-CTA:動脈瘤、動脈解離の検索に必須です
    腰椎穿刺:上記検査では出血が検出されない場合もあり、時に髄液のキサントクロミーの確認が必要になります

sah
脳CT:左小脳梗塞以外に、脳幹周辺のくも膜下に出血が見られます


通常では出血性病変を検出することの出来る、T1、T2及び、T2*では検出されないこともあります。この症例では、FLAIR及びDWIでの右大脳皮質周辺の脳溝に沿う高信号が認められ、SAHと診断されました。MRAでは、M1-M2 bifurcation部に動脈瘤を認めます
脳動脈瘤の好発部位

    内頚動脈 38% (IC-PC 25%)
    前大脳動脈 36% (Acom 30% 単独で最多)
    中大脳動脈 21%
    椎骨、脳底動脈 5.5%

SAHの重症度スケール(WFNS 分類

    Grade 1 GCS 15
    Grade 2 GCS 14-13 で片麻痺、失語症などの神経症状を伴わない
    Grade 3 GCS 14-13 で神経症状を伴う
    Grade 4 GCS 12-7
    Grade 5 GCS 6-3

HuntとKonsnikの重症度分類

    Grade     症状
    Grade0   非破裂動脈瘤
    Grade1   無症状、または軽度の頭痛と項部硬直
    Grade1a   急性の髄膜刺激症状はないが神経脱落症状が固定
    Grade2   中等度以上の頭痛、項部硬直はあるが脳神経麻痺以外の神経脱落症状はない
    Grade3   傾眠、錯乱、または軽度の神経脱落症状
    Grade4   昏迷、中等度の片麻痺、除脳硬直のはじまり、自律神経障害
    Grade5   深昏睡、除脳硬直、瀕死状態

Appendix
%e8%84%b3%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e8%a1%80%e7%ae%a1%e8%a7%a3%e5%89%962016%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e7%94%a8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください