脳卒中の臨床 update

Human neural stem cells in patients with chronic ischaemic stroke (PISCES): a phase 1, first-in-man study. Lancet. 2016;388:787-96.
脳梗塞慢性期に、不死化ヒト神経幹細胞を移植したところ細胞関連有害事象はなく、NIHSSは改善する傾向が見られた

Adipocytokines and the risk of ischemic stroke: The PRIME Study.Ann Neurol. 2012;71:478-486.
血清のレシスチン,アディプシン,総アディポネクチンなどの脂肪サイトカイン高値は,脳卒中発症の危険因子である.

Wide variation and rising utilization of stroke magnetic resonance imaging: Data from 11 States.Ann Neurol 2012;71:179-185.
米国では10年の間に急性期脳卒中の診断でMRIの使用が大幅に増えて医療費増加の原因となっており,標準化によりもっと効率的な画像診断ができるかもしれない.

Implementation of evidence-based treatment protocols to manage fever, hyperglycaemia, and swallowing dysfunction in acute stroke (QASC): a cluster randomised controlled trial. Lancet. 2011;378:1699-706.
急性脳卒中における発熱、高血糖、嚥下障害管理に対する科学的根拠に基づく治療プロトコールの実行(QASC)により予後改善が認められる

Early seizures in intracerebral hemorrhage: incidence, associated factors, and outcome. Neurology. 2011;77:1794-800.
脳卒中発症早期の痙攣発作は、虚血性脳卒中後7日以内で4%、出血性脳卒中では15%であり、予測因子は皮質病変(皮質下病変と比べて)、および出血性脳卒中(虚血性脳卒中と比べて)であった。

The crossed leg sign indicates a favorable outcome after severe stroke. Neurology. 2011 Oct 11;77(15):1453-6.
重症脳梗塞では、発症15日以内に足をクロスさせることが出来る徴候(crossed leg sign)は、1年後の機能予後良好と関連していた

Genetics and genomics of stroke: novel approaches. J Am Coll Cardiol. 2010;56:245-53.
Genetic susceptibility to ischemic stroke. Nat Rev Neurol. 2011;7:369-78.
脳血管障害に関する遺伝子の関わりに関する総説

B-vitamins reduce the long-term risk of depression after stroke: The VITATOPS-DEP trial.Ann Neurol. 2010;68:503.
2重盲検対象調査により脳卒中後の葉酸,ビタミンB6,B12の補充は,うつ病の発症を低下させた.

T2*-weighted magnetic resonance imaging with hyperoxia in acute ischemic stroke.Ann Neurol. 2010;68:37.
脳梗塞急性期のMRIでは,デオキシヘモグロビン濃度を反映してT2*強調画像の信号強度変化が虚血巣とペナンブラで異なる.

The Emerging Role of Epigenetics in Stroke: II. RNA Regulatory Circuitry. Arch Neurol. 2010;67(12):1435-1441.
RNAネットワークと脳卒中の関わりに関する総説

Emerging Role of Epigenetics in Stroke: Part 1: DNA Methylation and Chromatin Modifications. Arch Neurol. 2010;67(11):1316-1322.
脳卒中とDNAメチル化、クロマチン構造再編成のかかわりに関する総説

Resting interhemispheric functional magnetic resonance imaging connectivity predicts performance after stroke. Ann Neurol. 2010 Mar;67(3):365-75.
脳卒中では、fMRIで病巣とは離れた大脳半球間連絡経路の安静時の障害が認められ、注意や運動機能障害と関連している。

Body mass index and risk of stroke among Chinese men and women.Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):11-20.
中国人の男女ではBMIの増加とともに脳卒中の危険が高くなる.

Long-term Blood Pressure Fluctuation and Cerebrovascular Disease in an Elderly Cohort. Arch Neurol. 2010;67(5):564-569.
平均血圧及び血圧変動の増加と、大脳白質の高信号面積/脳梗塞発症率は直線状の相関関係を示す

Sex differences in presentation, severity, and management of stroke in a population-based study. Neurology 2010 74: 975-981.
脳梗塞には性差が見られ、女性の方が高齢発症、重症度が高い、意識レベルの低下の頻度が高い、28日以内の死亡率が高いなど重症化した症例が多いが、年齢で補正すると女性が重症化するという傾向は見られなかった

Prospective Study of Endogenous Circulating Estradiol and Risk of Stroke in Older Women. Arch Neurol. 2010;67(2):195-201.
閉経女性において、内因性エストラジオールの上昇は特に中心性肥満のある場合に脳卒中発症の危険性を上昇させる

Fast food and neighborhood stroke risk.Ann Neurol. 2009 Aug;66(2):165-70.
ファーストフードのレストランが近所にある人は,脳卒中の危険が高くなる.(1%/店)

Infectious Burden and Risk of Stroke: The Northern Manhattan Study. Arch Neurol. 2010;67(1):33-38.
Northern Manhattan研究では、血清学的なクラミジア、ピロリ菌、CMV、HSV感染は脳卒中発症の危険性の1.4倍の増加と関連していた

Motor imagery after stroke: relating outcome to motor network connectivity.Ann Neurol. 2009;66:604-1
脳卒中後の運動機能は,脳局所領域の活性化よりも梗塞部位と離れた皮質間での接続性における神経の可塑性が機能とも関係している.

Periodontitis and incidence of cerebrovascular disease in men.Ann Neurol. 2009;66:505-1
歯周病での歯の喪失数と,脳血管障害の発生率は特に65歳以下の男性で相関する.

Lipid Profile Components and Risk of Ischemic Stroke: The Northern Manhattan Study (NOMAS). Arch Neurol. 2009;66(11):1400-1406.
本前向き研究ではエントリー時の脂質値と脳卒中発症リスクの関連は明確でなかったが、追跡調査による経時的測定でコレステロール降下薬内服群でのLDL-Cの上昇と脳卒中発症の危険性は関連があった

High-sensitivity C-reactive protein predicts mortality but not stroke: The Northern Manhattan Study. Neurology 2009 73: 1300-1307.
高感度C反応性蛋白質の上昇は脳梗塞発症の危険性上昇と関連はなかったが、心筋梗塞の発症と死亡に関して弱い関連が認められた

Preventive Antibiotics for Infections in Acute Stroke: A Systematic Review and Meta-analysis. Arch Neurol. 2009;66(9):1076-1081.
過去の報告例をまとめると脳卒中急性期の抗菌剤投与は感染の危険性を低下させるが、死亡率は変化ないようである

Efficacy and safety of two 5 day insulin dosing regimens to achieve strict glycaemic control in patients with acute ischaemic stroke JNNP 2009 Sep;80(9):1040-3
脳梗塞患者の血糖コントロールを行うためにインスリンの静注・食後の皮下注を比較。食事をしていては厳格な血糖コントロールは達成されなかった。

Prestroke physical activity and early functional status after stroke JNNP 2009 Sep;80(9):1019-22
運動する習慣がある人は、脳卒中後の身体機能の回復が良いかもしれない。

Common genetic markers and prediction of recurrent events after ischemic stroke in young adults. Neurology 2009 73: 717-723.
45歳以下の若年性脳梗塞では、高血圧や糖尿病など古典的な危険因子に加え、TT677 MTHFRなどの遺伝的危険因子を加えると脳心血管系イベント発症の危険性をより鋭敏に予測できる

Cognitive determinants of social functioning after a first ever mild to moderate stroke at vocational age. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 876-880
就業年齢(16-65才)の初発脳梗塞において、身体機能障害が重篤でなくても、7割の患者が社会生活に問題を感じており、認知機能の障害と相関がみられる

Stroke unit care revisited: who benefits the most? A cohort study of 105043 patients in Riks-Stroke, the Swedish Stroke Register. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 881-887.
脳卒中センターでのケアは、若年・脳出血・意識障害の患者に最も利益がある

Sociodemographic differences in return to work after stroke: the South London Stroke Register (SLSR). J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 888-893.
脳卒中後の仕事復帰:全体の仕事復帰率35%。黒人・女性・高齢者・糖尿病・急性期高依存者では仕事復帰率が低い。

Invited Article: Searching for oracles?: Blood biomarkers in acute stroke. Neurology. 2009;73:393-9.
脳梗塞の早期診断や予後予測に関するバイオマーカーの総説

Frequency and Predictors for the Risk of Stroke Recurrence up to 10 years after stroke: The South London Stroke Register.JNNP 2009 May 21. [Epub ahead of print]
10年までの脳梗塞再発の危険性は年々小さくなり,経過とともに危険因子も変化してくる.

Comparative epidemiology of stroke and acute myocardial infarction: the Dijon Vascular Project (DIVA).JNNP 2009 May 13. [Epub ahead of print]
フランスでの前向き調査では,脳梗塞は心筋梗塞と比べると発症する頻度は高く女性や高血圧が多いが,高脂血症や糖尿病は心筋梗塞に多かった.

Vertebral Artery Dominance Contributes To Basilar Artery Curvature and Peri-vertebrobasilar Junctional Infarcts.JNNP 2009 May 3. [Epub ahead of print]
椎骨動脈の左右差により脳底動脈の屈曲方向や脳底動脈や後下小脳動脈領域の梗塞の片側性に有意な差があり,血行力学的な関与が疑われる.

Use of alteplase in childhood arterial ischaemic stroke: a multicentre, observational, cohort study.Lancet Neurol 2009;8(6):530 Epub 2009 May 5.
小児の動脈性虚血性脳卒中ではtPAの使用は少ないが,発症からの投与時間は成人のガイドラインから大きくはずれたものもある.

Neurorestorative therapies for stroke: underlying mechanisms and translation to the clinic.Lancet Neurol. 2009;8(5):491.
脳卒中の神経再生治療とその機序についてのレビュー.

Lipid management in the prevention of stroke: review and updated meta-analysis of statins for stroke prevention.Lancet Neurol. 2009;8(5):453.
脳卒中における脂質代謝治療の重要性についてのレビュー

Early imaging correlates of subsequent motor recovery after stroke.Ann Neurol. 2009;65:596-602.
脳卒中後早期にfMRIで同側の後中心回や帯状回の活性化が,その後の運動機能の回復と関連している.

Memantine and constraint-induced aphasia therapy in chronic poststroke aphasia.Ann Neurol. 2009;65:577-85.
脳卒中による失語の慢性期の治療として,メマンチン内服やCIAP(集中失語治療)は単独でも有効であるが,併用によりさらに効果が出る.

Incidence of Stroke Subtypes, Prognosis and Prevalence of Risk Factors in Joinville, Brazil: A Two-Year, Community- Based Study. JNNP. 2009 Mar 11. [Epub ahead of print]
ブラジルでの脳卒中の調査では,死亡率や予後は他の地域と大きな差はなく,虚血性心疾患や脂質異常,高血圧,糖尿病は先進国と発展途上国の中間のパターンを示していた.

Sociodemographic differences in return to work after stroke – the South London Stroke Register (SLSR).JNNP. 2009 Mar 9. [Epub ahead of print]
黒人,女性,高齢,糖尿病,急性期の介助必要状態が脳卒中後の仕事復帰についての独立した低下要因である.

The Paracetamol (Acetaminophen) In Stroke (PAIS) trial: a multicentre, randomised, placebo-controlled, phase III trial.Lancet Neurol. 2009 Mar 16. [Epub ahead of print]
脳卒中急性期にアセトアミノフェンで体温を下げることは,37-39℃の患者では多少の症状改善があるかもしれないが,ほとんど利益はない.

Prevalence of nephroangiosclerosis in patients with fatal stroke. Neurology 2009 72: 899-904.
致死的な脳卒中症例では、腎硬化症が高率に認められる

COL4A1 mutation in two preterm siblings with antenatal onset of parenchymal hemorrhage. Ann Neurol. 2009;65:12.
Procollagen type IV alpha1(COL4A1)遺伝子の新規G1580R変異により胎児期に脳出血を生じた2例の報告

Age-related white matter changes predict stroke death in long-term follow up. JNNP. 2009 Feb 22. [Epub ahead of print]
脳卒中患者では,白質変化が多く見られるほど,その後主に脳卒中による死亡率が高い.

Reperfusion normalizes motor activation patterns in large-vessel disease.Ann Neurol. 2009;65:203-8.
片側大脳半球の血流障害によっておこる対側半球の運動活性化は,血流障害の改善により戻る可逆的な変化だ.

Effect of urgent treatment for transient ischaemic attack and minor stroke on disability and hospital costs (EXPRESS study): a prospective population-based sequential comparison.
Lancet Neurol. 2009 Feb 4. [Epub ahead of print]
TIAや軽微な症状の脳卒中であっても緊急に専門医を受診して治療を行うことで,その後の再発や入院を抑制し,医療費を抑制することができる.

Global variation in stroke burden and mortality: estimates from monitoring, surveillance, and modelling.Lancet Neurol. 2009 Feb 20. [Epub ahead of print]
世界規模の調査で脳卒中は貧しい国で死亡率やその影響,負担が大きくなっているが,血圧や喫煙などの心血管系の要素から説明できるものではない.

Worldwide stroke incidence and early case fatality reported in 56 population-based studies: a systematic review.Lancet Neurol. 2009 Feb 20. [Epub ahead of print]
世界規模での脳卒中と関連する死亡についての調査で,低から中所得の国々での発症が増えており対策が必要だ.

Trends in Stroke Incidence, Mortality and Case-Fatality Rates in Joinville, Brazil: 1995-2006.JNNP 2009 Jan 15. [Epub ahead of print]
工業化の進んだ南部のブラジルの都市では脳卒中の発生率は10年前より減少しており,先進国と同等である.

Controlling hypertension and hypotension immediately post-stroke (CHHIPS): a randomised, placebo-controlled, double-blind pilot trial. Lancet Neurol. 2009;8:48-56. Epub 2008 Dec 4.
脳梗塞と脳出血の急性期の血圧上昇に対して降圧剤を使用すると,有害な副作用はなく血圧は低下し3ヶ月後の死亡率も半減した.(脳梗塞と脳出血の割合は?)

Effect of atorvastatin in elderly patients with a recent stroke or transient ischemic attack. Neurology 2009 72: 688-694.
リピトールにより高齢者の脳梗塞/一過性脳虚血発作集団の心血管性イベントや再開通処置が低下する

Natural history of neuromuscular properties after stroke: A longitudinal study. JNNP 2008 Dec 5. [Epub ahead of print]
麻痺側肘関節運動の計測(機械的な動揺に基づく)によると,脳卒中後に筋内在性の反射性の剛性は増加するが,筋内在性の剛性はその後の1年で徐々に低下している.

Integrated care improves risk factor modification one year after stroke: initial results of the ICARUSS model.JNNP. 2008 Nov 14. [Epub ahead of print]
脳卒中後に教育や指導,支援などを統合したICARUSSモデルを適用することにより,血圧や体重コントロール,身体機能予後が改善する.

Social dysfunctioning after mild to moderate first-ever stroke at vocational age. JNNP. 2008 Nov 14. [Epub ahead of print]
就労中の人の脳卒中では症状以上に,就労や社会生活上の不安,困難が問題となる.

Electrical somatosensory stimulation improves movement kinematics of the affected hand following stroke. JNNP. 2008 14. [Epub ahead of print]
脳卒中慢性期において罹患上肢に対する電気的な体性感覚刺激により,手の運動機能に改善がみられる.

Estimated 10-year stroke risk by region and race in the United States: geographic and racial differences in stroke risk. Ann Neurol. 2008;64:507-13.
米国における10年間の脳卒中の危険度は,黒人は白人より約30%高いが地域による差はわずかしかない.

Transcranial Direct Current Stimulation in Stroke Recovery. Arch Neurol. 2008;65:1571-1576.
経頭蓋電気刺激 (TDCS) による脳梗塞治療に関する総説

Retinal Microvascular Abnormalities and Stroke – A Systematic Review. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]
網膜の細血管と脳卒中には関連はあるが,出血や梗塞,ラクナ梗塞など病型との関連を見るには今後の研究が必要だ.

Progress in Periventricular Leukomalacia. Arch Neurol. 2008;65:1291-1295.
PVLの進行、及びそのメカニズムに関する総説

Efficacy of site-independent telemedicine in the STRokE DOC trial: a randomised, blinded, prospective study. Lancet Neurol. 2008;7:787-95.
画像や音声を使用しての遠隔医療では,電話だけでの相談によるものに比べて脳卒中急性期の診断の正確性が向上し,血栓溶解療法をうける割合が高い傾向がある.

Depressive symptoms and risk of stroke: the Rotterdam Study. JNNP. 2008;79:997-1001. Epub 2008 Jan 21.
うつ症状のある高齢男性では脳卒中の危険が高くなるが,女性では変わらない.

Variation between hospitals in patient outcome after stroke is only partly explained by differences in quality of care: results from the Netherlands Stroke Survey. JNNP. 2008;79:888-94. Epub 2008 Jan 21.
病院の治療や介護の質が脳卒中患者の予後について与える影響は非常に限定的であり,多因子補正をしない予後データに基づき病院の評価を行うのは正しくない.

Sex differences in stroke: epidemiology, clinical presentation, medical care, and outcomes. Lancet Neurol. 2008;7:915-26.[Epub ahead of print].
脳卒中の性差についてのレビュー

Depression as a Risk Factor for the Incidence of First-Ever Stroke in 85-Year-Olds. Stroke. 2008;39:1960-1965.
高齢者における抑うつ状態と初回脳卒中発症のリスク増大に関連がある

Haplotypes of the fibrinogen gene and cerebral small vessel disease: the Rotterdam scan study. JNNP 2008;79:799-803. Epub 2007 Oct 19.
フィブリノーゲン遺伝子のある種のハプロタイプには,無症候性脳梗塞や脳室周囲の白質病変との関連がみられ,脳小血管病変の病態と関係している可能性がある

Ischemic stroke subtypes and associated risk factors: a French population-based study. JNNP 2008 Jun 27. [Epub ahead of print]
地域住民を対象にした初発脳梗塞患者の病型の前向き研究における多変数解析では,心原性塞栓と年齢,細動脈閉塞と高血圧/高脂血症に明らかな相関がみられる

Predictive value of the Essen Stroke Risk Score and Ankle Brachial Index in Acute Ischemic Stroke Patients from 85 German Stroke Units. JNNP 2008 Jun 27. [Epub ahead of print]
脳梗塞患者で,Essen Stroke Risk Scoreが高く,異常なAnkle Brachial Indexであると脳梗塞再発や心血管病変による死亡の危険性が高い

Impairment in Glomerular Filtration Rate or Glomerular Filtration Barrier and Occurrence of Stroke. Arch Neurol. 2008;65:934-938.
脳梗塞は、糸球体濾過量(GFR)と糸球体濾過障壁の障害といった腎機能障害の独立した危険因子である

Rural-Urban Differences in Acute Stroke Management Practices: A Modifiable Disparity. Arch Neurol. 2008;65:887-891.
都市部と地方都市の急性期脳梗塞治療のギャップに関する総説

White matter hyperintensities in late life depression: a systematic review. JNNP 2008 79:619-24
レヴューによると,高齢発症のうつでは若年発症者より大脳白質病変が多く,血管性病変など発症機序の違いを示している可能性がある

Stroke. Lancet. 2008;371:1612-23.
脳卒中の臨床全般についてのまとめ

Spreading depolarizations occur in human ischemic stroke with high incidence. Ann Neurol. 2008 May 21. [Epub ahead of print]
中大脳動脈の閉塞により除圧術が必要となるような脳梗塞では,その多くで虚血実験でみら2次性の神経障害の原因になると考えられているのと同様な梗塞周囲の脱分極がおきている

Association of Plasma Total Homocysteine Levels With Subclinical Brain Injury: Cerebral Volumes, White Matter Hyperintensity, and Silent Brain Infarcts at Volumetric Magnetic Resonance Imaging in the Framingham Offspring Study. Arch Neurol. 2008;65:642-649.
血漿ホモシスチン値が高いと、健常中年であっても脳体積が減少し、無症候性脳梗塞が多いが、広範な白質のMRIでの高信号病変に差はない

Progress in secondary stroke prevention. Ann Neurol 2008;63:418-427.
脳卒中の2次予防について,最近の研究のレヴュー

Identification of neuronal outgrowth cells from peripheral blood of stroke patients. Ann Neurol. 2008;63:312-22.
脳梗塞急性期の患者の末梢血には,内皮や神経細胞に増生する単核細胞が増えている.

Treatment of Hypertension in Patients 80 Years of Age or Older. NEJM. 2008;358:1887-98.
80歳以上の高齢者でも高血圧の治療をすることで約30%脳卒中の危険を減らすことができる

Care seeking after stroke symptoms. Ann Neurol. 2008 Mar 21 [Epub ahead of print]
脳卒中の症状が出現した際の受診率は,低所得者や喫煙者では低く,糖尿病や心疾患のある場合には高い

コメントを残す