ラクナ梗塞 治療

脳卒中治療ガイドライン 2009:書籍

急性期治療

治療概要
急性期治療として最もエビデンスレベルの高いアスピリン投与(推奨グレードA)を行い、エダラボンの投与も推奨されます(推奨グレードB)。アスピリン投与の難しい場合は、代わりにオザグレルの投与を行うこともあります(推奨グレードB)。

アスピリン:抗血小板療法
110-300 mg/日の経口投与は、発症早期(48時間以内)の脳梗塞患者の治療法として推奨される。
処方例:バイアスピリン2T1x 7日間投与後、1T1Xで維持
オザクレル(キサンボン)、抗血小板療法
160 mg/日の点滴投与は、急性期(発症5日以内)のラクナ梗塞患者の治療法として推奨される。
処方例:キサンボン注20mg 4A(80mg)+生食100ml (1日2回)14日間
エダラボン(ラジカット):脳保護剤
発症24時間以内の各種病型の脳梗塞に対しフリーラジカルスカベンジャー(ラジカット)の投与が推奨される。
処方例:ラジカット注30mg 1A+生食100ml(1日2回)14日間
注)eGFR<30あるいはCr>1.5と腎障害が強い場合は、効果が乏しく腎障害、肝機能障害が強く出る可能性が高いため、使用を控えてください

慢性期治療
1. 抗血小板療法

    プレタール:アスピリンよりもプレタールの方が再発予防効果が高い可能性があります(CSPSII)
    アスピリン:バイアスピリン1T1X
    プラビックス

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください