皮膚の神経分布

<クリックすると画像は拡大します>
まずは、Dermatomeと末梢神経の分布から

以上の末梢神経、神経根からの皮膚感覚の支配に加え、深部腱反射も含め以下のtableのように神経根レベルに関しては高位診断が可能です。


C1:感覚神経は分布しない
C2:帽子 C7:三頭筋反射
C3:首まわりの襟 T10:へそ
C4:肩にかけるケープ L1:鼠径靭帯領域
C5:乳頭の感覚、二頭筋反射 L4:膝蓋腱反射
C6:親指の感覚、橈骨反射 S1:アキレス腱反射

実際には、筋肉を支配している神経レベル(末梢神経、神経叢、神経根)も把握が必要です。感覚障害の分布に関しては、馬尾症候群上部円錐症候群円錐症候群、後根神経節障害の特徴も押さえましょう。

コメントを残す