HIV関連神経疾患 update

Cognitively unimpaired HIV-positive subjects do not have increased 11C-PiB: A case-control study. Neurology 2010 75: 111-115.
認知機能が保たれているHIV症例では、たとえ髄液のAβ42が低下している群であっても11C-PiBの集積を認めなかった

Neurocognitive effects of treatment interruption in stable HIV-positive patients in an observational cohort. Neurology 2010 74: 1260-1266.
抗レトロウィルス療法後にCD4 T細胞が350以上と免疫能が長期間保たれているHIV症例は経時的に認知機能が改善した

Cerebellar Atrophy Associated With Human Immunodeficiency Virus Infection. Arch Neurol. 2010;67(5):634-635.
小脳の強い萎縮を来したHIVの30歳女性例

Reciprocal prediction of medication adherence and neurocognition in HIV/AIDS. Neurology 2010 74: 1217-1222.
HIV症例では抗ウィルス薬のアドヒアランスと認知機能の関連が認められ、特に実行機能障害との関連が強い

Extensive astrocyte infection is prominent in human immunodeficiency virus-associated dementia.Ann Neurol. 2009 Aug;66(2):253-8.
HIV関連痴呆の脳では,アストロサイトに強いHIVの感染が見られる.

Selegiline and oxidative stress in HIV-associated cognitive impairment. Neurology 2009 73: 1975-1981.
経皮吸収のセレジリンパッチ製剤は、HIV関連認知機能障害でのMRSや髄液で評価した酸化ストレスのバイオマーカーの改善、及び認知機能の改善効果はなかった

CSF biomarkers of Alzheimer disease in HIV-associated neurologic disease. Neurology 2009 73: 1982-1987.
HIV関連認知機能障害では初期アルツハイマー病と同様に髄液Aβ42が低下するが、髄液タウとp-tau181に関しては初期アルツハイマー病では増加するもののHIV関連認知機能障害では若干低下していた

Resting cerebral blood flow: A potential biomarker of the effects of HIV in the brain. Neurology 2009 73: 702-708.
HIV症例でのASL-MRIを使用した脳血流(rCBF)測定により、神経精神症状が出現する前から血流の低下が検出できHIVによる中枢神経障害のバイオマーカーとなりえるかもしれない

Human Immunodeficiency Virus Encephalopathy: Cognitive and Radiologic Improvement After Antiretroviral Therapy. Arch Neurol. 2009;66:1040-1041.
抗ウィルス薬投与により臨床的にも画像的にも改善を認めたHIV脳症の41歳女性例

Dynamics of cognitive change in impaired HIV-positive patients initiating antiretroviral therapy. Neurology 2009 73: 342-348.
HIVに伴う認知機能障害は抗ウィルス薬投与の24?36週後に良く見られ、中枢神経への浸透指数が高いほど改善効果が高い

Biopsy-proven immune reconstitution syndrome in a patient with AIDS and cerebral toxoplasmosis. Neurology 2009 73: 321-322.
HARRT治療中に免疫再構築症候群が出現したことが脳生検で疑われた、HIVに伴うトキソプラズマ脳症の42歳男性例

Effects of active HCV replication on neurologic status in HIV RNA virally suppressed patients. Neurology 2009 73: 309-314.
最適に治療されているHIV症例では、HCV RNAが検出された群でもされない群でも認知機能障害、末梢神経障害の発症率に差はなかった

Age and height predict neuropathy risk in patients with HIV prescribed stavudine. Neurology 2009 73: 315-320.
HIVの治療薬であるスタブジンによる末梢神経障害の発症リスクは年齢と身長の上昇と相関していた

Ophthalmoplegia and ptosis: mitochondrial toxicity in patients receiving HIV therapy. Neurology 2009 73: 71-72.
HIVに対するHARRT治療はミトコンドリア毒性を生じるがCPEO様の症状を来たすことがある

Impairments in memory and hippocampal function in HIV-positive vs HIV-negative women: A preliminary study. Neurology 2009 72: 1661-1668.
HIV陽性の女性は陰性例と比較して言語性エピソード記憶が低下し、海馬の機能低下が原因の可能性がある

Declined neural efficiency in cognitively stable human immunodeficiency virus patients.Ann Neurol. 2009 Mar 18;65:316-325. [Epub ahead of print]
HIV患者では認知機能が正常で変化がなくてもfMRIでは左島や頭頂葉,側頭葉,前頭葉などの注意系の代償性の賦活亢進が見られ,潜在的に神経障害が進行していることを示している可能性がある.

Changes in MRS neuronal markers and T cell phenotypes observed during early HIV infection. Neurology 2009 72: 1465-1472.
HIV早期においても前頭葉皮質のMRSで定量したN-アスパラギン酸(NAA)が低下していることがあり、末梢血中のCD8陽性T細胞の増加と関連しているかもしれない

PML-IRIS in patients with HIV infection: Clinical manifestations and treatment with steroids. Neurology 2009 72: 1458-1464.
HIVの抗ウィルス薬治療中に出現する免疫再構築症候群(IRIS)により進行性多巣性白質脳症が出現することがあるが、ステロイド使用で予後が改善するかもしれない

HIV DNA and cognition in a Thai longitudinal HAART initiation cohort: The SEARCH 001 Cohort Study. Neurology 2009 72: 992-998.
単核球中のHIV DNA量は血漿HIV RNA量やCD4数と独立してHIV症例のHAART施行前及び試行後の認知機能と負の相関をしていた

Neurologic immune reconstitution inflammatory syndrome in HIV/AIDS: Outcome and epidemiology. Neurology 2009 72: 835-841.
HIV治療中に中枢神経においても免疫再構築症候群(Immune Reconstitution Inflammatory Syndrome: IRIS)は出現する可能性があり、免疫能が非常に低いHIV症例では特に治療中の経過を注意深く追う必要がある

Benefits and risks of stavudine therapy for HIV-associated neurologic complications in Uganda. Neurology 2009 72: 165-170.
HIV陽性例ではスタブジンを含むHARRT療法により認知機能が明らかに改善したが38%に末梢神経障害が出現した

Brachial amyotrophic diplegia (segmental proximal spinal muscular atrophy) associated with HIV infection. JNNP 2008 ;79:1392-4.
HIV感染に関連し,限局的に両側上肢の運動神経障害を来しMRIにて脊髄前角に信号変化や限局的な頸髄の萎縮を認めた症例.

Failure of atorvastatin to modulate CSF HIV-1 infection: Results of a pilot study. Neurology 2008 71: 521-524.
8週間の80mg/日アトルバスタチン(リピトール)投与は、髄液HIVウィルス量低下などの治療効果は示さなかった

Motor Function and Human Immunodeficiency Virus-Associated Cognitive Impairment in a Highly Active Antiretroviral Therapy-Era Cohort. Arch Neurol. 2008;65:1096-1101.
HARRT導入後時代のHIV感染者による検討で、運動障害(HIV-dementia motor scale)、感情行動異常は認知機能障害の予測因子となることがわかった

Neurologic disorders are prevalent in HIV-positive outpatients in the Asia-Pacific region. Neurology 2008 71: 50-56.
アジア太平洋地域のHIV症例では12%と高率に神経系の合併症(感覚性末梢神経障害、うつ症状など)が認められる

Controlled trial of high-concentration capsaicin patch for treatment of painful HIV neuropathy. Neurology. 2008;70:2305-13.
高濃度カプサイシンパッチ(NGX-4010)は、有痛性HIV末梢神経障害の痛みを改善させる

Nitrosative stress with HIV dementia causes decreased l-prostaglandin D synthase activity. Neurology. 2008;70:1753-62.
HIV患者でHIV認知症及び薬物乱用歴のある群は髄液中の3-nitrotyrosine (3-NT) 修飾蛋白濃度が上昇し特にL-PGDS (L-prostaglandin D synthase) の上昇が強い

Clade-specific differences in neurotoxicity of human immunodeficiency virus-1 B
and C Tat of human neurons: significance of dicysteine C30C31 motif.Ann Neurol. 2008;63:366-76.
構成タンパクTatのdicysteine motif(C30C31)の違いにより,HIVの神経毒性に差が生じている可能性がある.

Changes in the incidence and predictors of human immunodeficiency virus-associated dementia in the era of highly active antiretroviral therapy. Ann Neurol. 2008;63:213-21.
有効な抗ウィルス薬によりHIV関連認知症は著明に減少しているが,CD4陽性細胞の低値やAIDSの診断を受けたり,高齢で抗体陽性となった者は認知症になる危険が高い

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください