くも膜下出血 update

Clinical decision rules to rule out subarachnoid hemorrhage for acute headache. JAMA. 2013;310:1248-55.
クモ膜下出血に関する決定基準として、先行研究で示されている3つのルールのうちのルール1である「40歳以上」「首の痛みや硬直」「目撃者のいる意識消失あり」「労作時の発症」を採用した場合、クモ膜下出血に関する感度は98.5%、特異度は27.5%であり、そこに、「雷鳴頭痛」(発症後、1時間以内に痛みがピークに達する頭痛)と、「診察時の頸部屈曲制限」を加えたオタワSAH基準では、感度は100%と高く、特異度は15.3%だった

The Natural Course of Unruptured Cerebral Aneurysms in a Japanese Cohort. N Engl J Med 2012; 366:2474-2482.
未破裂動脈瘤の年間破裂率は 0.95%で、動脈瘤の大きさに伴い破裂のリスクは上昇した(直径3-4 mmの動脈瘤を基準とする直径別のハザード比は,5-6 mmで1.13、7-9 mmで3.35、10-24mmで9.09、25mm以上で76.26であった)

Sensitivity of computed tomography performed within six hours of onset of headache for diagnosis of subarachnoid haemorrhage: prospective cohort study. BMJ. 2011 Jul 18;343
第三世代マルチスライススキャナ頭部CTは、発症6時間以内のくも膜下出血に対する感度が100%、陰性的中率100%と非常に優れていた

Hydrogel-coated coils versus bare platinum coils for the endovascular treatment of intracranial aneurysms (HELPS): a randomised controlled trial. Lancet. 2011;377(9778):1655-62.
脳動脈瘤に対するヒドロゲル被覆コイルを用いた血管内塞栓術は、瘤破裂の明らかな抑制効果や長期的な臨床アウトカムの改善効果はもたらさないものの、脳動脈瘤再発を有意に抑制する

High risk clinical characteristics for subarachnoid haemorrhage in patients with acute headache: prospective cohort study. BMJ. 2010; 341:c5204
急性頭痛患者1999人を対象に、くも膜下出血のリスクが高い臨床的特徴を前向きコホート研究で調査することにより策定した、くも膜下出血と関連する問診13項目・検査3項目のその組合せは、感度100%・特異度28.4-38.8%と有用であった

Recurrent spreading depolarizations after subarachnoid hemorrhage decreases oxygen availability in human cerebral cortex.Ann Neurol. 2010;67:607.
重傷くも膜下出血では,皮質の拡散性脱分極による酸素利用障害を来たし,遅発性の虚血性神経障害の原因となる.

Time trends in outcome of subarachnoid hemorrhage: Population-based study and systematic review. Neurology 2010 74: 1494-1501.
クモ膜下出血の死亡率はここ20年間で半分ぐらいに低下しているが、主には病院到着時に生存していた症例の予後の改善が寄与しているようだ

Parity and risk of hemorrhagic strokes. Neurology 2010 74: 1424-1429.
経産婦はくも膜下出血及び脳出血発症の危険性が上昇するが、出産回数が増えるに従い危険性も上昇する

Plasma Magnesium Concentrations and Clinical Outcomes in Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage Patients. Post Hoc Analysis of Intravenous Magnesium Sulphate for Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage Trial. Stroke. 2010 Jun 10.
マグネシウムの静脈注射はクモ膜下出血患者に有害である

Acute Cerebral Ischemia Owing to Unruptured Dissecting Intracranial Aneurysm: An Uncommon Contraindication for Intravenous Thrombolysis. Arch Neurol. 2010;67(6):770-771.
中大脳動脈遠位部の非外傷性解離性動脈瘤により脳梗塞を来たした25歳女性例

Cerebrovascular Carbon Dioxide Reactivity and Delayed Cerebral Ischemia After Subarachnoid Hemorrhage. Arch Neurol. 2010;67(4):434-439.
SAH発症1週間以内に二酸化炭素に対する血管の反応性が低下していることは遅発性脳梗塞の危険因子のようだ

Atraumatic convexal subarachnoid hemorrhage: Clinical presentation, imaging patterns, and etiologies. Neurology 2010 74: 893-899.
非外傷性円蓋部クモ膜下出血では60歳以下の場合、血管造影で血管攣縮を認める突発性の激しい頭痛が特徴でRCVSと当初は診断されることも多く、60歳以上の場合は微小出血や表層シデローシスを伴う一過性の運動感覚障害で、基礎疾患にアミロイドアンギオパチーが存在する可能性が高い

Long-term mortality and vascular event risk after aneurysmal subarachnoid haemorrhage
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1399-1401

動脈瘤性くも膜下出血の患者の死亡率は全体で1.7倍(40歳以下で3.2倍)。11.2%の患者でくも膜下出血から10年以内に血管イベントが起こった。

Changes in case fatality of aneurysmal subarachnoid haemorrhage over time, according to age, sex, and region: a meta-analysis. Lancet Neurol. 2009;8:635-42. Epub 2009 Jun 6.
約30年前と比べて,くも膜下出血の年齢は上昇しているが,致命率は改善しており,地域差が大きい.(日本は低い)

Calcific embolus causing subarachnoid hemorrhage. Neurology 2009 73: 245-246.
石灰化塞栓により脳梗塞とくも膜下出血を来たした51歳男性例

Risk of recurrent subarachnoid haemorrhage, death, or dependence and standardised mortality ratios after clipping or coiling of an intracranial aneurysm in the International Subarachnoid Aneurysm Trial (ISAT): long-term follow-up.Lancet Neurol. 2009 Mar 27. [Epub ahead of print]
破裂動脈瘤によるくも膜下出血に対してコイル塞栓術をした患者はクリッピングに比べてわずかに再出血率(他の動脈瘤も含む)は高いが,5年後死亡率は少し低い.

Age at intracranial aneurysm rupture among generations: Familial Intracranial Aneurysm Study. Neurology 2009 72: 695-698.
家系内で世代の差による動脈瘤の破裂率に有意差はなかった

Impact of cardiac complications on outcome after aneurysmal subarachnoid hemorrhage: A meta-analysis. Neurology 2009 72: 635-642.
クモ膜下出血症例では、BNP、CK-MB、心エコーなどで評価した心機能が悪い集団は死亡率の上昇、遅発性の脳梗塞、予後不良と関連が認められた

Smoking and family history and risk of aneurysmal subarachnoid hemorrhage. Neurology 2009 72: 69-72.
第一親等内に脳動脈瘤によるクモ膜下出血がいる場合、喫煙によって家族歴のない非喫煙群と比較してクモ膜下出血の発症率が6.4倍になる

High CSF TGFss levels after subarachnoid haemorrhage: association with chronic communicating hydrocephalus. JNNP 2008 Dec 9. [Epub ahead of print]
くも膜下出血後に交通性水頭症になる患者は,出血後1?9日での髄液中のTGFss1/ss2が高値である.

Vanishing aneurysm in pretruncal nonaneurysmal subarachnoid hemorrhage. Neurology 2008 71: 1375-1377.
動脈瘤が消失した非動脈瘤性くも膜下出血の一例

Gender and ethnic differences in subarachnoid hemorrhage. Neurology 2008 71: 731-735.
米国の一般人口集団の中ではメキシコ系アメリカ人と女性はくも膜下出血発症の危険性が高い

Effect of prophylactic transluminal balloon angioplasty on cerebral vasospasm and outcome in patients with Fisher grade III subarachnoid hemorrhage: results of a phase II multicenter, randomized, clinical trial. Stroke. 2008;39:1759-65.
脳血管攣縮の軽減を目的とした経皮経腔的バルーン血管形成術(PTBA)は、Fisherグレード?のくも膜下出血(SAH)患者のアウトカム不良を改善しない

Coiling of basilar tip aneurysms: results in 154 consecutive patients with emphasis on recurrent haemorrhage and re-treatment during mid- and long-term follow-up. JNNP 2008 79:706-11
脳底動脈先端の動脈瘤に対するコイル塞栓術は,10mm以上の大きさで再開通のため再治療が必要となることが多いものの,長期経過で再出血は少なく安全で有効な治療である

Perimesencephalic nonaneurysmal hemorrhage associated with vein of Galen stenosis. Neurology 2008 70: 2410-2411.
大大脳動脈の狭窄により静脈圧が上昇し非動脈瘤性中脳周囲出血を来たした2例

Effectiveness and costs of screening for aneurysms every 5 years after subarachnoid hemorrhage. Neurology. 2008;70:2053-62.
SAH治療後、CTアンギオでフォローすることは費用がかかり、生存期間をほとんど延長させず、QALY(質調整生存年数)は低下し再破裂の危険性が高い症例意外は推奨されない

High mean fasting glucose levels independently predict poor outcome and delayed cerebral ischemia after aneurysmal subarachnoid haemorrhage. JNNP 2008 Apr 10 [Epub ahead of print]
動脈瘤破裂によるくも膜下出血の患者で,空腹時平均血糖値が高いことは遅発性の脳梗塞の発症などを含めて予後が悪いことを意味する

Interleukin 6 gene polymorphisms are not associated with aneurysmal subarachnoid haemorrhage in an Italian population. JNNP 2008;79:471-3.
近年IL-6のプロモータ領域の遺伝子多型が動脈瘤によるくも膜下出血と関係していると報告されたが,今回調べた機能的な変化をもたらす2つのSNPについては,イタリア人での関連性は見られなかった.

Heterogeneity of cerebral perfusion one week after haemorrhage is an independent predictor of clinical outcome in patients with aneurysmal subarachnoid haemorrhage. JNNP 2008 Mar 20 [Epub ahead of print]
くも膜下出血1週間後の脳血流SPECTで脳の部位によるばらつきが大きいと,その後の脳虚血病変が多く予後も悪い.

コメントを残す