プリオン病 治療

CJD研究班
こまったことに、ここ30年間、治療に関しては全く進歩が見られません。基本的には、根本治療はなく対症療法が中心になります
そのため、感染予防も重要です。プリオン病感染予防ガイドライン(2008年版)要約は>こちら(下段)

対症療法
ミオクローヌスに対する、リボトリールなどの抗てんかん薬の内服など

根本治療の候補薬

    スタチン
    ミノマイシン
    テトラサイクリン
    アンフォテリシンB
    キナクリン
    クロルプロマジン
    メマンチン
    フルピルチン
    抗体、免疫賦活剤
    などなど

以下の論文も参考にしてください
Systematic review of therapeutic interventions in human prion disease. Neurology. 2008;70:1272-81.
プリオン病の過去の治療報告例をまとめたReview

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください