本態性振戦 update

A Pilot Study of Focused Ultrasound Thalamotomy for Essential Tremor. N Engl J Med. 2013;369:640-8.
MRI ガイド下集束超音波視床破壊術を行った患者15例で本態性振戦が改善した

Diffusion tensor MRI changes in cerebellar structures of patients with familial essential tremor. Neurology 2010 74: 988-994.
家族性本態性振戦では、MRI-DTIによるFA値が歯状核と上小脳脚で低下していて、病態と関連している可能性がある

Essential Tremors: A Family of Neurodegenerative Disorders? Arch Neurol. 2009;66(10):1202-1208.
本態性振戦の病態、小脳の神経変性、治療などに関する総説

LINGO1 variant increases risk of familial essential tremor. Neurology. 2009 6;73:1161-2.
LINGO1 SNPの変異(rs9652490 G allele)は家族性本態性振戦発症の危険性と関連していた

Essential tremor is associated with dementia: Prospective population-based study in New York. Neurology 2009 73: 621-625.
本態性振戦を持つ集団は持たない集団と比較して認知症の発症率や有病率が約3倍前後に上昇する

Population-based study of baseline ethanol consumption and risk of incident essential tremor.JNNP 2009 May;80(5):494-7. Epub 2009 Apr 9.
前向き研究から,アルコール消費が多い人は本態性振戦の危険が1.8倍ほど高くなる.

Risk of incident Parkinson’s disease and parkinsonism in essential tremor: a population based study.JNNP 2009;80:423-5.
本態性振戦では3.3年の経過で約3%がパーキンソン病に進展し,対照群より約4倍多い.

Classic essential tremor changes following cerebellar hemorrhage. Neurology 2008 71: 1739-1740.
小脳出血により本態性振戦の改善を認めたが、小脳性の振戦が出現した例

Population-based prospective study of cigarette smoking and risk of incident essential tremor. Neurology 2008 70: 1682-1687.
集団ベースの前向き研究で、喫煙者は本態性振戦の発症率が低いことが判明

Pathologic findings in prospectively ascertained essential tremor subjects. Neurology 2008 70: 1452-1455.
本態性振戦の剖検脳の検討では、以前の報告と同様に小脳のグリオーシスと青斑核の神経細胞の低下が認められるのみであった

The prevalence of essential tremor in rural northern Tanzania. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2008 Mar 13 [Epub ahead of print]
タンザニアで本態性振戦の頻度は,10万人あたり82人.

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください