ワーファリ及び新規抗凝固療法薬 update

Dabigatran versus Warfarin in Patients with Mechanical Heart Valves. N Engl J Med. 2013 Aug 31.
機械弁置換患者に対するダビガトラン投与により,ワルファリン投与と比較して,血栓塞栓性合併症および出血性合併症の発生率が上昇したため試験は早期に終了された

Warfarin and Aspirin in Patients with Heart Failure and Sinus Rhythm. N Engl J Med 2012; 366:1859-1869
LVEF が低下した洞調律の患者に対し,ワルファリンによる治療とアスピリンによる治療とで,全体的には主要転帰に有意差はなく、ワルファリンによる脳梗塞のリスク減少は,重大な出血のリスク増加によって相殺された

Warfarin dose assessment every 4 weeks versus every 12 weeks in patients with stable international normalized ratios: a randomized trial. Ann Intern Med. 2011;155:653-9.
warfarin維持用量が少なくとも6ヵ月間安定している患者では、4週間毎あるいは12週間毎にINRを測定するグループ間での、臨床アウトカムやINRが治療域にあった期間の割合は同等であった

A new risk scheme to predict warfarin-associated hemorrhage: The ATRIA (Anticoagulation and Risk Factors in Atrial Fibrillation) Study. J Am Coll Cardiol. 2011;58:395-401.
ATRIAリスクスコアは貧血、腎不全、高血圧、出血歴、高血圧の有無をポイント化するのみの簡便な方法で、ワルファリン服用心房細動患者の出血リスクを予測する有用な方法である

Subtherapeutic international normalized ratio in warfarin-treated patients increases the risk for symptomatic intracerebral hemorrhage after intravenous thrombolysis. Stroke. 2011;42:2333-5.
ワーファリン内服症例はINRが1.7以下であっても、非内服群と比較して血栓溶解療法後の症候性頭蓋内出血の危険性が上昇する (OR 14.7)

Cost-Effectiveness of Dabigatran Compared With Warfarin for Stroke Prevention in Atrial Fibrillation. Ann Intern Med. November 1, 2010
高齢心房細動患者の脳卒中予防について、dabigatranとワルファリンの費用対効果を比較したところ、ワルファリンに比べdabigatranで質調整生存年(QALY)が延長し、低用量より高用量でQALYが長く増分費用対対果比も低いことから、ワルファリンの代替薬として費用対効果に優れる可能性が示された

Dabigatran compared with warfarin in patients with atrial fibrillation and previous transient ischaemic attack or stroke: a subgroup analysis of the RE-LY trial. Lancet Neurol. 2010;9:1157-63.
RE-LY研究の今回のサブグループ解析では、TIAまたは脳卒中の既往歴を有する高リスク患者サブグループにおいて、dabigatranはwarfarinより大出血の発症率が低く優れているのかもしれない

Symptomatic Intracerebral Hemorrhage Among Eligible Warfarin-Treated Patients Receiving Intravenous Tissue Plasminogen Activator for Acute Ischemic Stroke. Arch Neurol. 2010;67(5):559-563.
脳梗塞に対するrt-PA投与では、ワーファリン内服群はINR 1.7以下であっても非内服群と比較して症候性脳出血合併の割合が10倍になる

Dabigatran versus warfarin in patients with atrial fibrillation. N Engl J Med. 2009 17;361:1139-51.
dabigatran 110mg投与群では、脳卒中と全身性塞栓症の発生はワルファリンと同等だったが、重大出血の低下が大きかった。一方、dabigatran 150mg投与群では、同発生はワルファリンより低下したが、重大出血の発生はワルファリンと同等だった

Cerebral microbleeds are a risk factor for warfarin-related intracerebral hemorrhage. Neurology 2009 72: 171-176.
脳内微小出血はワーファリンによる脳出血の危険性を増加させる

Restarting Anticoagulation Therapy After Warfarin-Associated Intracerebral Hemorrhage. Arch Neurol. 2008;65:1313-1318.
ワーファリンに関連した頭蓋内出血後にワーファリンを再開しても頭蓋内出血の再発率は低く、中止すると塞栓症の危険性が上がる

Predictors of Outcome in Warfarin-Related Intracerebral Hemorrhage. Arch Neurol. 2008;65:1320-1325.
ワーファリンに関連した頭蓋内出血では、意識レベルの低下、出血病巣の大きさが予後不良因子であり、INRの値は機能予後との相関は認めなかった

Genetic determinants of response to warfarin during initial anticoagulation. NEJM. 2008;358:999-1008.
ワーファリン初回投与による抗凝固の効果は,ワーファリン代謝酵素(CYP2C9)よりも標的分子(VKORC1)の遺伝子型の影響をより強く受ける

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください