Rituximab(リツキサン) update

Efficacy of remission-induction regimens for ANCA-associated vasculitis. N Engl J Med. 2013;369:417-27.
ANCA関連血管炎患者197人を対象に、リツキシマブの1コース投与と従来の免疫抑制療法(シクロホスファミド+アザチオプリン)の有効性を無作為化試験で比較し、6カ月時の完全寛解率はリツキシマブ群64%、従来群53%、18カ月時の維持率は39%、33%で、リツキシマブの非劣性が認められた

Rituximab add-on therapy for breakthrough relapsing multiple sclerosis: A 52-week phase II trial. Neurology 2010 74: 1860-1867.
多発性硬化症に対するリツキサン(抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体)を従来の免疫調整薬に追加することにより、造影増強効果を持つ病変の出現の可能性が減少するようだ

Changes in B- and T-Lymphocyte and Chemokine Levels With Rituximab Treatment in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(6):707-714.
リツキシマブ(rituximab)は多発性硬化症の髄液中B細胞を95%減少させるが、同時にT細胞も50%、及びT細胞の低下と関連したケモカイン(CXCL13及びCCL19を)低下させた

Depletion of B LymphocytesFrom Cerebral Perivascular Spaces by Rituximab. Arch Neurol. 2009;66(8):1016-1020.
リツキサン使用後に進行性多巣性白質脳症を来たした69歳女性例では、大脳血管周囲腔にB細胞が検出されなかった

コメントを残す