Churg-Strauss症候群 update

Mepolizumab or Placebo for Eosinophilic Granulomatosis with Polyangiitis. N Engl J Med. 2017;376:1921-1932.
EGPA患者では、抗インターロイキン-5 モノクローナル抗体(メポリズマブ)投与によりプラセボ投与と比較して寛解状態にある週数が有意に増加し、ステロイドの減量が可能になった

Eosinophilic granulomatosis with polyangiitis (Churg-Strauss): evolutions in classification, etiopathogenesis, assessment and management. Curr Opin Rheumatol. 2014;26:16-23.
EPGAの病態や治療に関する総説

Neural damage associated with atopic diathesis: A nationwide survey in Japan. Neurology 2009 73: 790-797.
アトピーに関連した脊髄炎と末梢神経炎には疫学に差はあるものの、アトピー性脊髄炎の25.7%は末梢神経障害がされ、アトピー関連末梢神経炎の18.8%は中枢神経病変が検出されるなど末梢、中枢神経双方とも障害されうる

コメントを残す