大脳膠腫症(gliomatosis cerebri)update

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Gray matter involvement predicts chemosensitivity and prognosis in gliomatosis cerebri. Neurology 2009 73: 445-449.
大脳膠腫症では灰白質病変の面積が30%を超えると予後が悪く、化学療法への反応が鈍い傾向があるが、染色体1p/19q欠損が検出されることは少ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください