運動ニューロン疾患 診断

運動ニューロン疾患といっても色々な種類のものがあります、障害部位による運動ニューロン疾患の分類はおおよそ以下の通りです
1.上位運動ニューロン+下位運動ニューロン

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)、進行性球麻痺(PBP)

2.上位運動ニューロンのみ

    原発性側索硬化症(PLS)

3.下位運動ニューロンのみ

    脊髄性進行性筋萎縮症(SPMA)
    球脊髄性筋萎縮症(SBMA)
    脊髄性筋萎縮症(SMA)
    Multifocal motor neuropathy(MMN)
    ポリオ、鉛中毒など

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください