遺伝性、若年性パーキンソン病 update

First appraisal of brain pathology owing to A30P mutant alpha-synuclein.Ann Neurol. 2010;67:684.
SNCA遺伝子のA30P変異による家族性PD患者の剖検で,特発性のPDと同様に,不溶性アルファシヌクレインの沈着からなるレヴィー小体の広範な出現を伴った神経脱落が見られた.

Recessively Inherited Parkinsonism: Effect of ATP13A2 Mutations on the Clinical and Neuroimaging Phenotype. Arch Neurol. 2010;67(11):1357-1363.
Park9に関連した常染色体劣性遺伝の若年性パーキンソン病ではPETでの両側線状体のDAT低下、及びMRIでの脳萎縮と基底核の鉄沈着を認め、ヘテロの例であっても軽度のパーキンソン症状や画像上の異常がけんしゅつされる

Frequency of Known Mutations in Early-Onset Parkinson Disease: Implication for Genetic Counseling: The Consortium on Risk for Early Onset Parkinson Disease Study. Arch Neurol. 2010;67(9):1116-1122.
若年発症パーキンソン病の16.6%に遺伝子変異が認められ(6.7%; PRKN, 3.6%; LRRK2, 6.7% GBA, 0.2% DJ1)、ヒスパニックではPRKNの頻度が高く、GBAではUPDRSが高い傾向があった

Eye movement disorders are different in Parkin-linked and idiopathic early-onset PD. Neurology 2010 75: 125-128.
Parkin遺伝子変異に伴う症候性PDでは大脳皮質の障害と推測される円滑性追跡眼球運動の障害が目立ち、特発性若年発症PDでは基底核神経回路障害と推測されるhypometric saccadesが見られ両者の障害部位の違いを反映している可能性がある

Progression of subtle motor signs in PINK1 mutation carriers with mild dopaminergic deficit. Neurology 2010 74: 1798-1805.
PINK1遺伝子変異保因者はヘテロであっても、パーキンソン病に関連した極軽度の運動症状や嗅覚障害が出現する可能性が高く、さらにPETでの軽度の線条体FDOPA集積低下が検出される

Nonmotor Symptoms in Genetic Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(6):670-676.
遺伝性パーキンソン病における非運動症状に関する総説

Predictors of Parkin Mutations in Early-Onset Parkinson Disease: The Consortium on Risk for Early-Onset Parkinson Disease Study. Arch Neurol. 2010;67(6):731-738.
51歳以下のパーキンソン病において、40歳以下の発症、ヒスパニック、パーキンソン病の家族歴がparkin遺伝子変異の保持と関連していた

LRRK2 and Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(5):542-547.
leucine-rich repeat kinase 2 (LRRK2)遺伝子とパーキンソン病の関連に関する総説

Motor Phenotype of LRRK2 G2019S Carriers in Early-Onset Parkinson Disease. Arch Neurol. 2009;66(12):1517-1522.
LRRK2(G2019S)遺伝子キャリアーに発症した早期発症パーキンソン病は振戦が少なく、姿勢反射障害と歩行障害が強い特徴がある

Parkin dosage mutations have greater pathogenicity in familial PD than simple sequence mutations. Neurology 2009 73: 279-286.
Parkin遺伝子のハプロ不全は家族性PD発症の危険因子である

Somatosensory processing in a German family with PINK1 mutations: its potential role in Parkinson disease.JNNP 2009 ;80(5):571-4.
PINK1変異のあるドイツのPDの家系では,パーキンソニズムがわずかでも感覚障害が見られており,中枢での感覚処理に問題があると思われる.

Heterozygous carriers of a Parkin or PINK1 mutation share a common functional endophenotype. Neurology 2009 72: 1041-1047.
ParkinあるいはPINK1遺伝子のヘテロ保持者は健常人と比較して単純な運動タスクで運動前野や補足運動野の活性がfMRIで上昇している

A multidisciplinary study of patients with early-onset PD with and without parkin mutations. Neurology 2009 72: 110-116.
若年性PDにおいて、パーキン遺伝子キャリアー群と非キャリアー群は臨床的には区別が難しいがキャリアー群ではレボドパ必要量が少ない

Mutations in GBA are associated with familial Parkinson disease susceptibility and age at onset. Neurology 2009 72: 310-316.
glucocerebrosidase(GBA)遺伝子変異は家族性PDの感受性遺伝子であり、またGBA遺伝子を持つPDは発症年齢が低い

PINK1 mutations and parkinsonism. Neurology 2008 71: 896-902.
Q129X, Q129fsX157, G440E, Q456Xの4つのPINK1遺伝子変異がPINK1関連遺伝性パーキンソン病の原因であり、その他のVariantは病的意義が少ない可能性が高い

α-Synuclein Gene Rearrangements in Dominantly Inherited Parkinsonism: Frequency, Phenotype, and Mechanisms. Arch Neurol. 2009;66:102-108.
常染色体優性パーキンソン病を来たしうるα-Synuclein遺伝子の再配列は点変異と比較してより頻度が高く、遺伝子のコピー数と症状の重症度がが相関する

Is the common LRRK2 G2019S mutation related to dyskinesias in North African Parkinson disease? Neurology 2008 71: 1550-1552.
北部アフリカのパーキンソン病ではLRRK2 G2019S変異がジスキネジア発症に関連する

Progression of dopaminergic dysfunction in a LRRK2 kindred: A multitracer PET study. Neurology 2008 71: 1790-1795.
LRRK2(leucine-rich repeat kinase 2) 遺伝子変異によるパーキンソン病の家系では無症状の時期であってもドーパミン節前神経の機能低下が正常人よりも早い

Neurodegeneration associated with genetic defects in phospholipase A2. Neurology 2008 71: 1402-1409.
ホスホリパーゼA2遺伝子(PLA2G6)変異は鉄沈着を伴う神経軸索変性をきたし、小脳萎縮・パーキンソニズムなどの症状をきたす。

Prominent psychiatric symptoms and glucose hypometabolism in a family with a SNCA duplication. Neurology 2008 71: 1289-1291.
αシヌクレイン遺伝子重複を持つ、痴呆随伴パーキンソン病のPET所見ではレビー小体型痴呆と同様の糖代謝低下の分布を示す

Progranulin variability has no major role in Parkinson disease genetic etiology. Neurology 2008 71: 1147-1151.
Progranulinはパーキンソン病の遺伝病因の中で主な役割をしておらず、現段階ではp.Asp33Glu and p.Arg514Met変異保因のPD病因における分子学的な位置づけは明らかではない

LRRK2 Gly2019Ser penetrance in Arab-Berber patients from Tunisia: a case-control genetic study. Lancet Neurol 2008 Jul;7(7):591-4. Epub 2008 Jun 6.
チュニジアのアラブ,ベルベル人ではパーキンソン病の30%がLRRK2のGly2019Ser変異を持っており,この変異を持つ者は加齢とともに発症の浸透率が上昇し70歳では80%になる

Phenotype, genotype, and worldwide genetic penetrance of LRRK2-associated Parkinson’s disease: a case-control study. Lancet Neurol 2008 Jul;7(7):583-90. Epub 2008 Jun 6.
LRRK2遺伝子変異をもつものは散在性パーキンソン病の1%で中東や南欧に多く,特発性のパーキンソン病よりも症状が軽い

Genomic investigation of alpha-synuclein multiplication and parkinsonism. Ann Neurol. 2008;63:743-50.
alpha-synuclein(SNCA)遺伝子増加によるパーキンソニズムの家系の検討により,パーキンソニズムの重症度はSNCAの増加量に関係しており,同じアリル内での重複や異なったアレルでの不等組み替えによりSNCAの増加がおこっている

Characterization of PLA2G6 as a locus for dystonia-parkinsonism.Ann Neurol. 2008 Jun 20. [Epub ahead of print]
PLA2G6遺伝子変異は幼児期神経軸索変性症の原因であるが,成人発症のジストニアーパーキンソニズムの原因ともなる

Mutation Analysis of the PINK1 Gene in 391 Patients With Parkinson Disease. Arch Neurol. 2008;65:802-808.
常染色体劣性家族性PDの4.3%/1.9%、孤発性PDの0.5%/1.1%にそれぞれホモ/ヘテロPINK1遺伝子変異が見つかった

PARK9-linked parkinsonism in eastern Asia: mutation detection in ATP13A2 and clinical phenotype. Neurology 2008 70: 1491-1493.
日本人のPARK9関連パーキンソン症候群(眼球運動制限と認知症を伴う若年性パーキンソニズム)でATP13A2遺伝子変異が新たに見つかり、臨床型も過去の報告例と同様であった

Lrrk2 R1441C parkinsonism is clinically similar to sporadic Parkinson disease. Neurology 2008 70: 1456-1460.
Leucine-rich repeat kinase 2 (LRRK2)遺伝子のR1441C変異のあるパーキンソニズムの臨床系は孤発性PDと同様である

Risk of Parkinson Disease in Carriers of Parkin Mutations: Estimation Using the Kin-Cohort Method. Arch Neurol. 2008;65:467-474.
Parkin遺伝子のキャリアーでは、65歳でのPD発症の蓄積リスクは一般人口と比べて有意に高くはならない

Bilateral subthalamic stimulation in Parkin and PINK1 parkinsonism. Neurology 2008 70: 1186-1191.
若年性パーキンソン病において、ParkinあるいはPINK1遺伝子変異を持つ群と、持たない群では両側視床下核刺激(STN)手術後の運動機能の改善は長期的には同程度である

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください