サイトカイン/転写因子 update

Increased cerebrospinal fluid concentrations of the chemokine CXCL13 in active MS. Neurology 2009 73: 2003-2010.
多発性硬化症では特に活動期に髄液のCXCL13が上昇、治療により低下し、髄液IL-10やTGF-β1などの炎症制御性サイトカインのmRNAと負の相関を示す

Hypoxia-induced mediators and neurologic disease. Neurology 2009 73: 560-565.
転写因子である低酸素誘導因子(HIF)と関連遺伝子の神経疾患への関与に関する総説

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください