TOAST分類 脳梗塞/脳卒中

脳梗塞急性期における病型分類は、TOAST(The trial of Org 10172 in Acute Stroke Treatment))分類がよく、使用されます。ESUSの分類記事も参照ください。
病型の把握は、治療法選択などに重要ですので是非とも病型を分類した上で、治療を考える癖をつけてください。

TOASTによる脳梗塞の病型分類

A. 急性期脳梗塞の分類

     1. 大血管アテローム硬化(large-artery atherosclerosis)
     2. 心原性脳塞栓(cardioembolism)
     3. 小血管病変(small-vessel occlusion)
     4. その他の確定的な原因(other determined etiology):凝固異常、動脈解離、血管炎など
     5. その他の不確定な原因(Undetermined)
       二つ以上の原因(two or more cause identified)
       異常所見なし(negative evaluation)
       検査未完了(incomplete evaluation)

補助検査所見によりpossible、probableに分類

B. 心原性脳塞栓における塞栓源

    1. 高リスク塞栓源(high-risk source)
    人工弁、心房細動を伴う僧帽弁狭窄症、心房細動(孤立性を除く)、左房血栓、洞不全症候群、心筋梗塞(4週未満)、左室血栓、拡張型心筋症、左室壁運動消失、左房粘液腫、感染性心内膜炎
    2. 中等度リスク(medium-risk source)
    僧帽弁逸脱、僧帽弁輪石灰化、心房細動を伴わない僧帽弁狭窄症、左房もやもやエコー、心房中隔瘤、卵円孔開存、心房粗動、孤立性心房細動、生体弁、非細菌性心内膜炎、うっ血性心不全、左室壁運動障害、心筋梗塞(4週以上6ヶ月未満)



TOAST分類に準拠した脳卒中臨床診断のフローチャートStroke 1993Stroke 2000
実際には、脳梗塞後、心エコー、MRI、MRA、頚部血管エコーなどを行い、下記のように病型を診断していきます。
TOASTフローチャート



コメントを残す