抗癌剤、免疫抑制剤 脳症

5fu encephalopathy

5-FU投与後、急性発症した脳症の画像(左:DWI、右:T2)
慢性の5-FU脳症では白質に散在性のT2でもはっきりとした高信号を認めることがありますが、急性脳症の場合は、白質がびまん性にDWI高信号となり、T2の異常高信号が目立たないこともあります

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください