Paraproteinemiaに伴う末梢神経障害 update

Long-Term Follow-up of Monoclonal Gammopathy of Undetermined Significance. N Engl J Med. 2018;378:241-249.
MGUS患者では年齢/性別をマッチさせた対象集団よりも生存期間が短く、IgM MGUSの方がnon-IgM MGUSよりも疾患進行リスクが高かった(特に、悪性リンパ種やWM)

Autologous Transplantation and Maintenance Therapy in Multiple Myeloma. N Engl J Med. 2014;371:895-905.
65歳以下の多発性骨髄腫患者では、高用量メルファラン+幹細胞移植によりメルファラン+プレドニゾン(prednisone)+レナリドミド(MPR療法)を行った場合と比較して無増悪生存期間と全生存期間が有意に延長し、レナリドミドによる維持療法は維持療法なしと比較して無増悪生存期間が有意に延長した

Clinical and pathological heterogeneity in a series of 31 patients with IgM-related neuropathy. J Neurol Sci. 2012;319:75-80.
IgMモノクローナルガンモパチーに伴う末梢神経障害では、様々な病型を取りうるため腓腹神経生検を含めた詳細な検索が必要である

Continuous Lenalidomide Treatment for Newly Diagnosed Multiple Myeloma. N Engl J Med 2012; 366:1759-1769
新たに多発性骨髄腫と診断され移植に不適格な患者では、メルファラン+プレドニゾン(prednisone)+レナリドミドによる導入療法後にレナリドミドによる維持療法を行うレジメン(MPR-R)によって無増悪生存期間が有意に延長し65-75歳の患者ではもっとも大きな利益が認められた

Prognosis of polyneuropathy due to IgM monoclonal gammopathy: A prospective cohort study. Neurology 2010 74: 406-412.
IgMモノクローナルガンモパチーに伴う末梢神経障害では、高齢発症及び脱髄型は日常生活の障害の強さと関連し、MAG陽性は障害の低さと関連していた

Myeloma-associated polyneuropathy responding to lenalidomide. Neurology 2009 73: 812-813.
Lenalidomide(Revlimid;サリドマイドの誘導体)が著効したIgA型多発性骨髄腫に伴う末梢神経障害の女性例

Monoclonal gammopathy and neuropathy. Curr Opin Neurol. 2007;20:536-41.
Paraproteinemiaに伴う末梢神経障害の総説

コメントを残す