レム睡眠行動異常症 治療

クロナゼパム(リボトリール)
作用機序は十分に分かっていないのですが、効果が高く,第一選択薬として使用されています。高齢者のふらつきや睡眠時無呼吸の悪化などの副作用に注意してください

ドパミンアゴニスト
pramipexole が有効との報告がありますが、効果発言のメカニズムは不明です。保険未承認です。

メラトニン
有効性が確認されていて、海外では使用されることもありますが、日本未発売です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください