Tourette症候群 update

Cerebellar morphology in Tourette syndrome and obsessive-compulsive disorder. Ann Neurol. 2010;67:479.
トゥレット症候群では小脳の萎縮が認められ,チック症状や強迫症状の重篤さと相関している.

Extrastriatal dopaminergic dysfunction in tourette syndrome.Ann Neurol. 2010 Feb;67(2):170-81.
トゥレット症候群患者では健常者と異なりアンフェタミンによるドーパミン放出促進作用が視床で見られなかった.

Tourette syndrome is associated with recurrent exonic copy number variants. Neurology 2010 74: 1583-1590.
トゥレット症候群の一部で、5つのエクソンレベルでの稀なコピー数多型を認めた

Noncompressive myelopathy associated with violent axial tics of tourette syndrome. Neurology 2010 74: 697-698.
重症のチックにより非圧迫性の脊髄症を来し脊髄MRIで多発する高信号病変を認めたTOURETTE症候群の20歳男性例

A randomised, double-blind, placebo-controlled study of topiramate in the treatment of Tourette syndromeJ Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:70-73
トゥレット症候群でトピラメイト投与によりチックスコア14.29改善(コントロール5.00改善)で有効であった。

Deep brain stimulation for Tourette syndrome. Neurology 2009 73: e87-e90.
トゥレット症候群に対する深部脳刺激療法の適応に関する考察

Thalamic deep brain stimulation for treatment-refractory Tourette syndrome: Two-year outcome. Neurology 2009 73: 1375-1380.
難治性トゥレット症候群に対する視床核に対する深部脳刺激療法はチックだけでなく、強迫障害、うつ症状、不安症状などの精神症状も改善させるが、認知機能の改善効果は見られなかった

Association of Intronic Variants of the BTBD9 Gene With Tourette Syndrome. Arch Neurol. 2009;66(10):1267-1272.
BTBD9遺伝子の3つの多型は、レストレスレッグ症候群や周期性四肢運動障害とともにTourette症候群発症(特に強迫障害のないもの)とも関連していた

Streptococcal infection, Tourette syndrome, and OCD: Is there a connection? Neurology 2009 73: 1256-1263.
トゥレット症候群、強迫性障害、チックの発症は連鎖球菌の先行感染との関連は見られなかった

Striatal [11C]dihydrotetrabenazine and [11C]methylphenidate binding in Tourette syndrome. Neurology 2009 72: 1390-1396.
Tourette症候群における線状体のドーパミン系の異常をPETで検出できなかった

The Gilles de la Tourette Syndrome Quality of Life Scale (GTS-QOL): Development and validation. Neurology 2008 71: 1410-1416.
GTS-QOLを使用したGilles de la Tourette症候群の発達・生活レベルの追跡評価

Motor cortex excitability and co-morbidity in Gilles de la Tourette Syndrome. JNNP 2008 Oct 17. [Epub ahead of print]
Gilles de la Tourette症候群で多動性障害を伴うものは,運動皮質回路の興奮性が増加している.

Anti-basal ganglia antibodies and Tourette’s syndrome: a voxel-based morphometry and diffusion tensor imaging study in an adult population. JNNP 2008;79:820-2. Epub 2008 Feb 26.
トゥレット症候群で,抗基底核抗体の有無によりMRIでの脳の形態学的な差は明らかでない

Internal Pallidal and Thalamic Stimulation in Patients With Tourette Syndrome. Arch Neurol. 2008;65:952-957.
淡蒼球内節・視床の高頻度刺激療法は、Tourette症候群の症状を強く改善させる

Lack of association between SLITRK1var321 and Tourette syndrome in a large family-based sample. Neurology 2008 70: 1495-1496.
Slit- and Trklike1 (SLITRK1)遺伝子のvar321は、Tourette症候群発症との関連を認めなかった

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください