てんかん全般 update

High-frequency oscillations as a new biomarker in epilepsy.Ann Neurol 2012;71:169-178.
てんかん源の指標である80Hz以上の高周波振動についてのまとめ.

Therapeutic devices for epilepsy.Ann Neurol 2012;71:157-168.
治療薬抵抗性てんかんに対して,最近進歩している電気刺激や磁気刺激療法の装置やてんかん検出装置の紹介.

Sudden unexpected death in epilepsy. Lancet. 2011;378:2028-38.
てんかん症例での予期しない突然死の原因や病態に関する総説

Ictal very low frequency oscillation in human epilepsy patients.Ann Neurol. 2010 Nov 8.
てんかん発作の数分前に,脳波検査で超低頻度変動という40から120秒の間隔をおいて基線の偏位が認められる.

An electroclinical case-control study of sudden unexpected death in epilepsy.Ann Neurol. 2010;68:787-96.
回顧的な研究から,てんかん患者で突然死をした人は発作後の全般性脳波抑制の時間が長いことが多い.

Use of antiepileptic drugs in epilepsy and the risk of self-harm or suicidal behavior. Neurology 2010 75: 335-340.
うつ症状出現の危険性の高い新たな抗てんかん薬(レベチラセタム, チアガビン, トピラメート, ビガバトリン)の最近の使用は、自傷行動や自殺行動の3倍の増加と関連していた

Withdrawal of antiepileptic drugs after neocortical epilepsy surgery.Ann Neurol. 2010 Feb;67(2):230-8.
内服治療抵抗性の新皮質由来てんかんに対する外科的手術で約半数は必要な抗てんかん薬が減ったが,30%では増加し,術後早期に抗てんかん薬を減量したり術前脳MRIが正常であったり罹病期間が長い場合には再発の危険が高い.

Acute hyperglycemia produces transient improvement in glucose transporter type 1 deficiency. Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):31-40.
グルコース輸送体タイプ1欠損症の患者では,OGTTで耐糖能障害は示さないが,高血糖により一時的にてんかんや運動機能に改善が見られる.

Predicting seizure control: cortical excitability and antiepileptic medication.Ann Neurol. 2010 Jan;67(1):64-73.
てんかん患者で経頭蓋磁気刺激を用いて皮質興奮性の低下を評価することにより,抗てんかん薬内服による再発予防効果を予測できる.

Comparative Effectiveness of 10 Antiepileptic Drugs in Older Adults With Epilepsy. Arch Neurol. 2010;67(4):408-415.
55歳以上の高齢者ではラモトリギン(ラミクタール)、次にレベチラセタムがてんかん発作抑制作用が強く長期内服にも適していた

Effect of epilepsy magnetic source imaging on intracranial electrode placement.Ann Neurol. 2009;65:716-23.
頭蓋内電極設置により電磁図によるてんかん源がみつかる可能性は高くなる.

Functional and Cognitive Outcome in Prolonged Refractory Status Epilepticus. Arch Neurol. 2009;66(12):1505-1509.
持続する難治性痙攣重責発作の死亡率はかなり高いが、生存者の認知機能はある程度保たれる

Status Epilepticus Associated With Subtentorial Posterior Fossa Lesions. Arch Neurol. 2009;66(12):1500-1504.
テント下後頭蓋窩病変では2.6%程度に痙攣重責発作を来しうる

Characteristics and Surgical Outcomes of Patients With Refractory Magnetic Resonance Imaging?Negative Epilepsies. Arch Neurol. 2009;66(12):1491-1499.
MRIで異常が検出されない難治性てんかん症例であっても外科的治療を行った方が、行わない群よりもてんかんの再発が少なく、組織学的に異常が見つかる例も多い

Thalamic nuclei activity in idiopathic generalized epilepsy: An EEG-fMRI study. Neurology 2009 73: 2018-2022.
特発性全般てんかんでは脳波で棘徐波複合 (spike-and-wave)が見られるときにはfMRIでCM-PF複合体や視床前核の活動性が上昇し、その活動性はCM-PF複合体の方が早く上昇する

Lack of replication of association between scn1a SNP and febrile seizures. Neurology 2009 73: 1928-1930.
以前の報告と異なり、SCN1A SNPのAA遺伝子系と熱性痙攣の発症危険性の上昇の関連を検出できなかった

Seizure Relapse and Development of Drug Resistance Following Long-term Seizure Remission. Arch Neurol. 2009 Oct;66(10):1233-9.
てんかん症例を1年以上追跡調査すると40%程度が再発、25%程度が治療抵抗性で、特にてんかんの罹病期間の長さと、治療歴が予後不良因子であった

Astrocyte-neuron interactions: Implications for epilepsy. Neurology 2009 73: 1323-1327.
てんかんの病態におけるアストロサイトとニューロンの相互作用に関する総説

Obesity is a common comorbidity for pediatric patients with untreated, newly diagnosed epilepsy. Neurology 2009 73: 658-664.
新たにてんかんと診断された未治療の小児は肥満が多く、肥満は年齢の上昇、特発性のてんかん、未治療との相関が強かった

Prognostic Implications of Periodic Epileptiform Discharges. Arch Neurol. 2009;66(8):985-991.
周期性一側てんかん型放電(PLED)が見られた場合、検出時に痙攣がない場合と急性の経過の場合は死亡と関連し、腫瘍以外の原因の場合は機能予後良好と関連していた

The borderland of epilepsy: clinical and molecular features of phenomena that mimic epileptic seizures.Lancet Neurol. 2009 Apr;8(4):370-81.
てんかんやてんかんと鑑別を要するような発作性疾患について分子病態生理学的な知見をふまえたレビュー.

Effects of antiepileptic drugs on lipids, homocysteine, and C-reactive protein.Ann Neurol. 2009 Mar 18. [Epub ahead of print]
肝臓P450酵素を誘導するフェニトインやカルバマゼピンは,他の抗てんかん薬への変更により血清コレステロールや中性脂肪の数値などの低下が見られるため,血管危険因子となっている可能性がある.

Emerging Concepts in the Pathogenesis of Epilepsy and Epileptogenesis. Arch Neurol. 2009;66:443-447.
てんかんとてんかん発生の病態に関する総説

High-frequency oscillations mirror disease activity in patients with epilepsy. Neurology 2009 72: 979-986.
脳内電極での高周波振動(high-frequency oscillations)はてんかん症例の病勢と相関している

A splice site variant in the sodium channel gene SCN1A confers risk of febrile seizures. Neurology 2009 72: 974-978.
SCN1A遺伝子多型(IVS5N+5 G>A)は、熱性痙攣発症の危険性を増加させる

Corpus callosum dysgenesis limits MRI changes to one hemisphere in status epilepticus. Neurology 2009 72: 942.
脳梁の形成不全のためてんかんによる画像変化が完全に片側大脳半球のみに出現した46歳男性例

Trigeminal nerve stimulation for epilepsy: long-term feasibility and efficacy. Neurology 2009 72: 936-938.
三叉神経電気刺激はてんかんに対して長期的な効果があるかもしれない

Valproate and lamotrigine level variation with menstrual cycle phase and oral contraceptive use. Neurology 2009 72: 911-914.
混合経口避妊薬を内服している女性はバルプロ酸とラモトリギン(商品名 ラミクタール)の濃度が低下し、ラモトリギンは月経周期による血中濃度の変化もあるかもしれない

Dental injury during seizures associated with juvenile myoclonic epilepsy. JNNP 2009;80:91-3.
てんかん発作での歯の障害(多くは切歯)は明らかに若年齢ミオクローヌスてんかんに多く,早期診断に役立つかもしれない.

Ictal apnea of epileptic origin. Neurology 2009 72: 855-857.
てんかん性無呼吸の1例

Potassium channels: Brief overview and implications in epilepsy. Neurology 2009 72: 664-669.
てんかんと、カリウムチャンネルの関連に関する総説

Identification of a possible pathogenic link between congenital long QT syndrome and epilepsy. Neurology 2009 72: 224-231.
遺伝性QT延長症候群2型ではてんかんの合併率が高く、責任遺伝子であるKCNH2にエンコードされたKチャンネルがてんかんの感受性に影響を与えているかもしれない

Assessment of potential drug interactions in patients with epilepsy: Impact of age and sex. Neurology 2009 72: 419-425.
てんかん症例では年齢を問わず抗てんかん薬以外の薬剤を併用していることが多く相互作用に気を払う必要がある

Personality Development in the Context of Intractable Epilepsy. Arch Neurol. 2009;66:68-72.
青年期に発症したてんかん症例は、成人期に神経症的な人格になる傾向がある

Long-term Monitoring in Refractory Epilepsy: The Gowers Unit Experience. JNNP 2008 Oct 23.
診断困難な再発性てんかんにおける脳波長期観察検査は,局所性てんかんや非てんかんとの鑑別などの正確な診断のために有効であるが,やや高額な費用面とあわせて適応を考えるべきである.

SEEG-guided thermocoagulations: A palliative treatment of nonoperable partial epilepsies. Neurology 2008 71: 1719-1726.
てんかんに対する定位的脳波モニター下の高周波電気的凝固術は難治性てんかんで一般的な切除術の適応の乏しい症例で姑息的に使用できるかもしれない

Folic acid use and major congenital malformations in offspring of women with epilepsy. A prospective study from the UK Epilepsy and Pregnancy Register. JNNP. 2008 Oct 31. [Epub ahead of print]
抗てんかん薬を内服している妊婦では葉酸の内服により神経管欠損や先天性奇形の発生率は変化せず,葉酸欠乏以外の要素が働いている可能性がある.

Sudden unexpected death in epilepsy: current knowledge and future directions. Lancet Neurol. 2008 Sep 19. [Epub ahead of print]
てんかんにおける突然死についてのレビュー.

Pregnancy registries in epilepsy: A consensus statement on health outcomes. Neurology 2008 71: 1109-1117.
妊婦に対する抗てんかん薬使用と先天奇形発生についての調査Review

Antiepileptic drug use and rates of hip bone loss in older men: A prospective study. Neurology 2008 71: 723-730.
フェニトイン、フェノバルビタール、プリミドン、カルバマゼピンなどの酵素誘導作用のある抗てんかん薬(ビタミンD3 の代謝を促進してしまう)を服用している男性は寛骨の骨密度が低下する

Does lamotrigine use in pregnancy increase orofacial cleft risk relative to other malformations? Neurology 2008 71: 714-722.
妊娠中のラモトリギン(lamotrigine)内服は、胎児の他の奇形の合併率と比較して口唇・口蓋裂の合併率をより高める傾向はなかった

Levetiracetam as a possible cause of fulminant liver failure. Neurology 2008 71: 685-686.
レベチラセタムによる劇症型肝不全により肝移植が必要になった21歳男性例

Tolerability and efficacy of oral loading of levetiracetam. Neurology. 2008;70:2166-70.
成人てんかん症例への1500mgのレベチラセタム (Levetiracetam)の経口投与は忍認性が高く血中濃度上昇もすばやくepilepsy monitoring units(てんかんモニタリングユニット)での治療に使用しえる

Efficacy and tolerability of levetiracetam versus phenytoin after supratentorial neurosurgery. Neurology 2008 71: 665-669.
レベチラセタム (Levetiracetam)もフェニトインもテント上脳外科手術後の痙攣の発症を抑えるが、レベチラセタムはより副作用が少なく忍認性が高い

Drowning in people with epilepsy: How great is the risk? Neurology 2008 71: 578-582.
てんかんの集団は溺死の割合が、一般人口集団の15-19倍に上昇するため、危険を避けるように患者への啓蒙が必要である

Generic substitution in the treatment of epilepsy: Case evidence of breakthrough seizures. Neurology 2008 71: 525-530.
抗痙攣薬をジェネリック(後発医薬品)に変更すると薬剤血中濃度が低下し、痙攣のコントロールが難しくなりQOLが低下する

The benefit of active drug trials is dependent on aetiology in refractory focal epilepsy. JNNP 2008;79:808-12. Epub 2007 Nov 8.
反復性の焦点てんかん患者の追跡調査では,その後の1年で発作が起きないことは少なく(25%),MRIで異常(海馬硬化,皮質形成異常,血管奇形,腫瘍)があると再発する可能性は高くなる

Topiramate in pregnancy: Preliminary experience from the UK Epilepsy and Pregnancy Register. Neurology 2008 71: 272-276.
妊娠中のトパマックス(トピラマート)内服によって先天性奇形の発症数はそれほど多くないが、他剤との併用によって口蓋裂などの大奇形(major congenital malformation)が発症する可能性が高まる

Outcomes of epilepsy surgery in adults and children. Lancet Neurol 2008;7:525-37.
てんかんの各種の外科的治療による効果,副作用(後遺症)についてのレビュー

Intractable epilepsy: management and therapeutic alternatives. Lancet Neurol 2008;7:514-24.
難治性てんかんの治療についてのレヴュー

Different features of histopathological subtypes of pediatric focal cortical dysplasia. Ann Neurol. 2008;63:758-69.
てんかんの原因となる局所皮質異形成(FCD)は病理学的にいくつかの亜型に分けられるが,それぞれの組織型により術前のMRIや脳波,既往歴などに特徴がある

Functional imaging: II. Prediction of epilepsy surgery outcome. Ann Neurol. 2008 Jun 20. [Epub ahead of print]
頭蓋内脳波検査を受け手術治療を行ったてんかん患者で,磁気源図(MSI)やFDG-PET,発作時のSPECTを用いた評価は,術後のてんかん抑制の効果を予測するのに役立つ

KCNQ2 and KCNQ3 mutations contribute to different idiopathic epilepsy syndromes. Neurology 2008 71: 177-183.
M-type potassium channelsのKCNQ2及びQ3遺伝子の差が特発性てんかんの病因の一部に関与しているかもしれない

Phenytoin half-life and clearance during maintenance therapy in adults and elderly patients with epilepsy. Neurology 2008 71: 38-43.
フェニトインの血中半減期は40時間で年齢による差はなく、半減期が長いため内服により血中濃度が安定するまで2週間以上かかると予測される

Topiramate, nutrition and weight change: a prospective study. JNNP 2008;79:590-3.
抗てんかん薬トピラマート(トピナ錠)は食欲減退をおこし体重減少きたす

Intravenous levetiracetam in the treatment of benzodiazepine refractory status epilepticus. JNNP 2008;79:588-9.
新しい抗てんかん薬レベチラセタム(日本では申請中)のてんかん重責状態への静脈内投与は有効で,重篤な副作用もない

Tolerability and efficacy of oral loading of levetiracetam. Neurology 2008 70: 2166-2170.
成人の痙攣に対し、1500mgのレベチラセタム(levetiracetam)経口投与でのLoading(以後維持量500-1000mg分2)は血中濃度は速やかに上昇し副作用も少なく退院も早まる

Increased frequency of isolated cleft palate in infants exposed to lamotrigine during pregnancy. Neurology 2008 70: 2152-2158.
妊娠第1期にラモトリギン(lamotrigine)を服用している場合、胎児が孤立口唇口蓋裂を伴う危険性が上昇する(7.3人/1000人)

Lamotrigine in pregnancy: Clearance, therapeutic drug monitoring, and seizure frequency. Neurology 2008 70: 2130-2136.
ラモトリギン(lamotrigine)のクリアランスは妊娠期間中常に上昇し、妊娠第二期には血中濃度が低下すると痙攣を起こしやすくなる

Functional imaging: I. Relative predictive value of intracranial electroencephalography. Ann Neurol. 2008 Apr 15 [Epub ahead of print]
てんかんの診断について,磁気源画像(MSI)とFDG-PET,発作時SPECTを比べるとMSIが最も有用である.

Sexual function in men with epilepsy: How important is testosterone?. Neurology 2008 70: 1346-1352.
てんかんの男性は性機能が低下するが、テストステロンの低下よりもうつ症状や不安感などの精神症状がより関与している

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください