認知症、軽度認知機能障害 update

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックアップ 1

Value of serum nonceruloplasmin copper for prediction of mild cognitive impairment conversion to Alzheimer disease. Ann Neurol. 2014;75:574-80.
血清free-銅の濃度が高いと、MCIからアルツハイマー病へ移行する可能性が高い

The Trajectory of Gait Speed Preceding Mild Cognitive Impairment. Arch Neurol. 2010;67(8):980-986.
歩行速度、指タップの低下速度の割合は、軽度認知機能障害を発症した群で優位に強かった

Elevation of β-Amyloid 1-42 Autoantibodies in the Blood of Amnestic Patients With Mild Cognitive Impairment. Arch Neurol. 2010;67(7):867-872.
血中抗アミロイドβ42抗体はアルツハイマー病に進展した軽度認知機能障害群で正常対象群と比較して有意に高値であった

Cerebrospinal Fluid Abnormalities and Rate of Decline in Everyday Function Across the Dementia Spectrum: Normal Aging, Mild Cognitive Impairment, and Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2010;67(6):688-696.
認知機能正常者や軽度認知機能障害症例における髄液中のリン酸化タウ蛋白上昇、Aβ42低下はその後の認知機能の悪化と関連するが、アルツハイマー病の症例ではその後の認知機能の悪化の予測因子ではないようである

Effects of Aerobic Exercise on Mild Cognitive Impairment: A Controlled Trial. Arch Neurol. 2010;67(1):71-79.
軽度認知機能障害において6ヶ月間の有酸素運動は、特に女性で認知機能改善効果を認めた

Characteristics of hormone therapy, cognitive function, and dementia: The prospective 3C Study. Neurology 2009 73: 1729-1737.
閉経女性に対する最近のホルモン療法は治療期間が長いほど認知機能の保持と関連がありそうであり、また、アポE4遺伝子による認知症発症の危険性も低下させているかもしれない

Linking Hippocampal Structure and Function to Memory Performance in an Aging Population. Arch Neurol. 2009;66(11):1385-1392.
高齢者では内嗅皮質の血流低下と遅延再生の低下が関連し、海馬の体積は全再生能力の低下と関連があったが、アルツハイマー病症例を除外すると前者の相関がより強くなり、後者の関連は弱くなった

Effects of Family History and Apolipoprotein E {varepsilon}4 Status on Cognitive Decline in the Absence of Alzheimer Dementia: The Cache County Study. Arch Neurol. 2009;66(11):1378-1383.
APOE4遺伝子の保持やアルツハイマー病の家族歴の因子を保持しているということだけでは、認知機能障害の悪化速度はそれほど早くならないのかも知れない

Association of Muscle Strength With the Risk of Alzheimer Disease and the Rate of Cognitive Decline in Community-Dwelling Older Persons. Arch Neurol. 2009;66(11):1339-1344.
高齢者では筋力が強い方が認知機能低下の危険性が低かった

Adiposity indicators and dementia over 32 years in Sweden. Neurology 2009 73: 1559-1566.
中年期にウェスト/ヒップ比が0.8以上の場合、認知症発症の危険性が2倍になる

Ten-Year Change in Plasma Amyloid β Levels and Late-Life Cognitive Decline. Arch Neurol. 2009;66(10):1247-1253.
血清Aβ40/Aβ42比が中年後期に高値及び1O年間での上昇は、老年期の認知機能の悪化と強く関連していた

White matter hyperintensities and medial temporal lobe atrophy in clinical subtypes of mild cognitive impairment: the DESCRIPA study J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 1069-1074.
MCIにおいて、内側側頭葉の萎縮のみのタイプは健忘症状を有する高齢者に多く、潜在的にアルツハイマー病を示唆する。内側側頭葉萎縮に白質のT2高信号を伴うものは病因が異なることが示唆された。

Prevalence and prognostic value of CSF markers of Alzheimer’s disease pathology in patients with subjective cognitive impairment or mild cognitive impairment in the DESCRIPA study: a prospective cohort study. Lancet Neurol. 2009;8:619-27. Epub 2009 Jun 10.
MCIや自覚的な健忘症患者における髄液検査で,ADの特徴であるAβ42の低下とタウの上昇は健常人よりも多く見られ,その後のADへの進展するも関係している.

Kidney function is associated with the rate of cognitive decline in the elderly. Neurology 2009 73: 920-927.
腎機能低下は認知機能低下の進行と関連し、eGFRの15ml/min./1.73m2低下は3年の加齢に相当する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください