頭痛 全般 update

Hypothalamic gray matter volume loss in hypnic headache.Ann Neurol. 2010 Nov 8.
睡眠時頭痛の患者では,MRIで視床下部後部などの灰白質容積が減少している.

Pearls & Oy-sters: Trigeminal autonomic cephalalgias. Neurology 2010 74: e40-e42.
三叉神経・自律神経性頭痛

Primary headache disorders in the Republic of Georgia: Prevalence and risk factors. Neurology 2009 73: 1796-1803.
グルジア共和国の検討では16歳以上の成人のうち片頭痛は15.6%、筋収縮性頭痛が37.3%に見られ、女性、低い社会経済的な状況、頭痛薬の使用回数の増加が1ヶ月に15日以上の頭痛と関連していた

Gray matter changes related to chronic posttraumatic headache. Neurology 2009 73: 978-983.
VBMによる検討では、外傷後の慢性頭痛では外傷3ヶ月後に前帯状回と前頭前野背外側部の灰白質が減少し、頭痛の改善と共にこの変化も検出できなくなると共に、慢性期には脳幹(侵害受容部位)、視床、小脳の灰白質が増加していた

Temporomandibular symptoms, migraine, and chronic daily headaches in the population. Neurology 2009 73: 645-646.
顎関節症の症例は頭痛と伴っていることが多く、特に片頭痛と慢性連日性頭痛との関連が強かった

Chronic daily headache in adolescents: An 8-year follow-up study. Neurology 2009 73: 416-422.
長期間追跡すると思春期の慢性連日性頭痛は減少するが、片頭痛の病歴、若年発症、罹病期間が長い場合は頭痛が持続する可能性が高い

The severity of dependence scale detects people with medication overuse. The Akershus study of chronic headache.JNNP. 2009 Mar 11. [Epub ahead of print]
慢性頭痛でthe Severity of Dependence Scale (SDS)を用いて評価すると,薬剤過量使用患者で点数が高い.

Intranasal contact point headache: Missing the “point” on brain MRI. Neurology 2009 72: 1107.
鼻粘膜接触点頭痛2例の脳画像

Weather and air pollution as triggers of severe headaches. Neurology 2009 72: 922-927.
大気温度の上昇と大気圧の低下は重度の頭痛発症の危険因子であった

Symptomatic SUNCT syndrome cured after trigeminal neurovascular contact surgical decompression. Neurology 2009 72: e37.
三叉神経減圧術により改善を認めた結膜充血および流涙を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作(SUNCT症候群)

Epidemiology and comorbidity of headache. Lancet Neurol. 2008;7:354-61.
頭痛の疫学,合併症になどについてのレヴュー

Calcific retropharyngeal tendinitis: Unusual cause of acute neck pain with nuchal rigidity. Neurology 2008 71: 778.
突然の頚部痛で発症し、項部硬直を認めた石灰沈着性咽頭後方腱炎の36歳女性例

コメントを残す