抗痙攣薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Zonisamide discontinuation due to psychiatric and cognitive adverse events: A case-control study. Neurology 2010 75:513-518
エクセグランの副作用による精神症状、認知機能障害により投与を中断する割合は、それぞれ6.9%、5.8%あり、最高血中濃度が低い集団、症候性全般性てんかん、併用抗痙攣薬が多い集団などが危険因子であった

Cognitive effects of pregabalin in healthy volunteers: A double-blind, placebo-controlled trial. Neurology 2010 74: 755-761.
健常人に対するプレガバリン600mg投与で認知機能の悪化を認めた

A novel Nav1.7 mutation producing carbamazepine-responsive erythromelalgia.Ann Neurol. 2009;65:733-41.
V400M変異のあるナトリウムチャネル遺伝子Na(v)1.7ではCBZによりチャネルの活性/不活性の電位依存性が常態化され,CBZによる肢端紅痛症の原因となる.

Pearls & Oy-sters: Soft-tissue necrosis as a result of intravenous leakage of phenytoin. Neurology 2009 73: e94-e95.
フェニトインによる 軟部組織壊死

Autism spectrum disorders following in utero exposure to antiepileptic drugs. Neurology 2008 71: 1923-1924.
妊娠中のバルプロ酸により胎児が自閉症になる率が7倍に上昇した

Sedative and anticonvulsant drugs suppress postnatal neurogenesis. Ann Neurol. 2008;64:434-45.
NMDA受容体やGABA受容体に働く抗てんかん薬や鎮静剤の投与は,出生後のラットの脳の細胞増生や神経形成を阻害する.

Cross-sensitivity of skin rashes with antiepileptic drug use. Neurology 2008 71: 1527-1534.
抗てんかん薬使用時の皮疹発生交差感受性については全体として高く、特にカルバマゼピンとフェニトインを含む場合は著名である。

Hyperandrogenism, ovulatory dysfunction, and polycystic ovary syndrome with valproate versus lamotrigine. Ann Neurol. 2008;64:200-11.
バルプロ酸はラモトリジンより卵巣機能障害,多嚢胞性卵巣症候群を来しやすく,特に26歳以下で内服を開始した場合には高アンドロゲン血症が多くなる.

Bone health in young women with epilepsy after one year of antiepileptic drug monotherapy. Neurology 2008 70: 1586-1593.
フェニトインは他の抗痙攣薬(デパケンやテグレトールなど)と比較して閉経前の女性の大腿骨頚部の骨量を有意に減少させてしまう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください