レストレスレッグ症候群 update

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Practice guideline summary: Treatment of restless legs syndrome in adults: Report of the Guideline Development, Dissemination, and Implementation Subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology. 2016;87:2585-2593. open
エビデンスに基づくRLSの治療ガイドライン(AAN)

Comparison of Pregabalin with Pramipexole for Restless Legs Syndrome. N Engl J Med 2014; 370:621-631.
レストレスレッグス症候群(RLS)に対して、プレガバリン 300mgはプラセボと比較して治療転帰に優位な改善が見られ、プラミペキソール 0.5 mgよりも症状増強率は優位に低かった

Treatment of restless legs syndrome with pregabalin: A double-blind, placebo-controlled study. Neurology 2010 74: 1897-1904.
レストレス症候群の感覚、運動症状に対してプレガバリンは効果があり、頭痛、日中の眠気、ふらつきなどの副作用がよく見られる

Family Study of Restless Legs Syndrome in Quebec, Canada: Clinical Characterization of 671 Familial Cases. Arch Neurol. 2010;67(5):617-622.
ケベック州で行われた検討では家族性のむずむず足症候群は兄弟発症例が多く、重症度、発症年齢は様々であるが、特に鉄欠乏性貧血、関節炎、妊娠経験のある女性が発症の危険性が高いようであった

Availability of brain serotonin transporters in patients with restless legs syndrome. Neurology 2010 74: 513-518.
レストレスレッグ症候群では([β]-CIT) SPECTで測定したセロトニントランスポーター活性は正常対象者と比較して変化はないが、重症度が上がるとセロトニントランスポーター活性は低下する傾向にあった

Restless legs syndrome with periodic limb movements: a possible cause of idiopathic hyperckemia. Neurology 2009 73: 643-645.
無症候性高CK血症からむずむず脚症候群の存在が明らかになった7例

MEIS1 p.R272H IN FAMILIAL RESTLESS LEGS SYNDROME. Neurology 2009 73: 243-245.
家族性レストレスレッグス症候群ではMEIS1遺伝子のp.R272H同義変異が深く関与している可能性が高い

Bilateral restless legs affecting a phantom limb, treated with dopamine agonists.JNNP 2009 ;80(5):569-70.
片側下肢切断患者にも両側にrestless legs症候群が発症し,ドーパミン治療や足を動かす(幻像で)ことで症状の改善がみられる.

Obesity and restless legs syndrome in men and women. Neurology 2009 72: 1255-1261.
肥満があるとレストレスレッグ症候群の発症が増加する

Is there a higher risk of restless legs syndrome in peripheral neuropathy? Neurology 2009 72: 955-960.
RLSは遺伝性の末梢神経障害症例で発症率が高いが、二次性の末梢神経障害集団では発症率は高くならない

Randomized, double-blind, placebo-controlled study of XP13512/GSK1838262 in patients with RLS. Neurology 2009 72: 439-446.
レストレスレッグ症候群ではgabapentinの効果増強作用のあるXP13512内服により症状が改善し、安全性も忍容性も高い

Double-blind, placebo-controlled, pilot trial of botulinum toxin A in restless legs syndrome. Neurology 2008 71: 950-951.
特発性レストレスレッグ症候群にボツリヌス毒素Aの効果は認められなかった

T2 relaxometry and fMRI of the brain in late-onset restless legs syndrome. Neurology 2008 71: 911-916.
特発性RLSでは基底核のT2緩和時間が長く鉄の沈着が少ないことが疑われ、fMRIでは前頭前野背外側部の活動性が亢進していた

Cognitive behavioural group therapy to improve patients’ strategies for coping with restless legs syndrome: a proof-of-concept trial. JNNP 2008;79:823-5. Epub 2008 Feb 26.
自覚的に心理社会的な問題を抱える下肢静止不能症候群患者に,認知行動療法が有効である

Efficacy of rotigotine for treatment of moderate-to-severe restless legs syndrome: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2008 Jul;7(7):595-604.<・a>
下肢静止不能症候群の治療に経皮的な低用量のrotigotine(非麦角系ドーパミンアゴニスト)投与が有効である

Susceptibility genes for restless legs syndrome are not associated with Parkinson disease. Neurology 2008 71: 222-223.
Restless leg症候群の感受性遺伝子であるMEIS1、BTBD9、MAP2K5-LBXCOR1はパーキンソン病の感受性の原因にならない

Low-dose hydrocortisone in the evening modulates symptom severity in restless legs syndrome. Neurology 2008 70: 1620-1622.
ヒドロコルチゾン(サクシゾンなど)の少量静脈投与(夕方と就寝前)で特発性レストレスレッグス症候群の自覚症状が改善する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください