脊髄空洞症 update

Assessment of spinal somatosensory systems with diffusion tensor imaging in syringomyelia
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009;80:1350-1356

3D拡散テンソル画像を用いて脊髄空洞症の脊髄を評価した。異方性比率(fractional anisotorophy)が感覚障害、冷感受性、脊髄視床伝導時間と相関した。この相関は、後側よりも腹側(脊髄視床路)で高かった。

A Giant Spinal Cord Cavity. Arch Neurol. 2009;66(10):1294-1295.
頚髄に大きな空洞を認めた水脊髄症の27歳女性例

Presyrinx in children with Chiari malformations. Neurology 2008 71: 351-356.
キアリ奇形による前空洞症病変を持つ小児例では大後頭孔の髄液の流れが停滞し、減圧術により髄液流、脊髄症状、前空洞症病変のMRIでの異常信号や脊髄腫張が改善する

Interstitial spinal cord edema in syringomyelia associated with Chiari type I malformation. JNNP 2008 Apr 10 [Epub ahead of print]
Chiari1型奇形に伴う脊髄空洞症では,MRIで脊髄の間質性浮腫が見られ,脊髄空洞症の外科的治療により改善する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください