髄液 update

The monoamine neurotransmitter disorders: an expanding range of neurological syndromes. Lancet Neurol. 2011;10:721-33.
神経伝達物質としてのモノアミン異常に伴う神経疾患の総説

Regulated microRNAs in the CSF of patients with multiple sclerosis: a case-control study. Neurology. 2012;79:2166-70.
多発性硬化症では髄液中のマイクロRNA (miR -181c, -633, -922)により他の疾患との鑑別や、再発寛解型と進行型の区別も可能かもしれない

Headache rate and cost of care following lumbar puncture at a single tertiary care hospital. Neurology. 2011;77:71-4.
腰椎穿刺後頭痛は、noncutting needleを使用することで、頭痛発症率が低下し、医療費の削減にもつながる

Elevated Intrathecal Myelin Oligodendrocyte Glycoprotein Antibodies in Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(9):1102-1108.
髄液Myelin Oligodendrocyte Glycoprotein (MOG)抗体指数は多発性硬化症で上昇し、特に進行型で上昇する可能性がある

Biological fluid biomarkers in neurodegenerative parkinsonism. Nat Rev Neurol. 2009 Oct;5(10):561-70.
様々なパーキンソン症候群でのバイオマーカーに関する総説

DJ-1 and {alpha}-synuclein in human cerebrospinal fluid as biomarkers of Parkinson’s disease. Brain 2010 133: 713-726
パーキンソン病では髄液DJ-1と髄液-synucleinが低下し、血液の混入、年齢補正を行えば診断に関するバイオマーカーになりえる

Cerebrospinal Fluid β-Amyloid 42, Tau, and P-tau: Confirmation Now Realization. Arch Neurol. 2009;66(12):1552-1553.
軽度認知機能障害と比較してアルツハイマー病では髄液Aβの減少、タウ蛋白、リン酸化タウ蛋白の上昇が見られ診断に有用であるが他施設でのデータを集計すると正確性が低下するため、測定法の標準化が必要である

A consensus protocol for the standardization of cerebrospinal fluid collection and biobanking. Neurology. 2009;73:1914-22.
髄液採取・保存法の標準化プロトコールの提案

CSF biomarkers predict rate of cognitive decline in Alzheimer disease. Neurology 2009 73: 1353-1358.
AD診断時に髄液の「リン酸化タウ(p-tau-181)/タウ」比やAβ42が低い場合、髄液タウ蛋白やタウ蛋白/Aβ42比が高い場合に、その後の認知機能障害の進行度合いが強かった

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください