グルタミン酸受容体抗体 update

Cellular Mechanisms of Central Nervous System Repair by Natural Autoreactive Monoclonal Antibodies. Arch Neurol. 2009;66(12):1456-1459.
自然自己反応性モノクローナル抗体と中枢神経修復の関連に関する総説

Polymyoclonus, Laryngospasm, and Cerebellar Ataxia Associated With Adenocarcinoma and Multiple Neural Cation Channel Autoantibodies. Arch Neurol. 2009;66(10):1285-1287.
喉頭痙攣、ミオクローヌス、小脳失調が亜急性に進行し血清VGCC、VGKC抗体が検出された転移性腺癌の69歳女性例

Histopathology of VGKC antibody-associated limbic encephalitis. Neurology 2009 72: 1703-1705.
VGKC抗体陽性自己免疫性辺縁系脳炎の剖検例

Invited Article: Human natural autoantibodies in the treatment of neurologic disease. Neurology 2009 72: 1269-1276.
正常免疫グロブリンに含まれるnatural autoantibodyの中枢神経脱髄性疾患とのかかわりに関する総説

Diagnostic and Pathogenic Significance of Glutamate Receptor Autoantibodies. Arch Neurol. 2008;65:589-592.
グルタミン酸受容体抗体(GluR、NR2Bなど)と神経疾患の関係をまとめた総説

Voltage-Gated Potassium Channel Autoimmunity Mimicking Creutzfeldt-Jakob Disease. Arch Neurol. 2008;65:1341-1346.
VGKC抗体陽性の脳症15人を検討した結果、CJDと臨牀症状、髄液検査所見が類似する症例が多く鑑別が必要である

Clinical spectrum of voltage-gated potassium channel autoimmunity. Neurology 2008 70: 1883-1890.
130,000人の患者の血清VGKC抗体を測定したところ80人が陽性で、Neuromyotonia以外にも認知機能障害、てんかん、自律神経障害、ミオクローヌス、錐体外路障害など多彩な症状を来たし、免疫療法は約90%で効果がある。原因不明の急性神経疾患の時に腫瘍とともにチェックする価値がある

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください