ナタリズマブ(Natalizumab) update

Rituximab versus fingolimod after natalizumab in multiple sclerosis patients. Ann Neurol. 2016 Jun;79(6):950-8.
RRMSに対してJCウィルス抗体が陽性のためナタリズマブからDMTを切り替える場合、フィンゴリモドよりもリツキサンのほうが再発が少ない

Risk of Natalizumab-Associated Progressive Multifocal Leukoencephalopathy. N Engl J Med 2012; 366:1870-1880
抗 JC ウイルス抗体陽性,免疫抑制薬の使用歴,ナタリズマブによる治療期間が長いことは,それぞれナタリズマブによる治療を受けた多発性硬化症患者のPML発症の危険性増加に関連していた

Assessment of JC virus DNA in blood and urine from natalizumab-treated patients.Ann Neurol. 2010;68:304.
natalizumabで治療を受けるMS患者の血液や尿でのJCウィルスDNAのPCRによる検出は,その後のPMLの発症を予測するものではなかった.

Anti-JC virus antibodies: Implications for PML Risk Stratification. Ann Neurol. 2010;68:295.
natalizumabが投与されPMLを発症したMS患者では,全員でPML発症前の血清で抗JCV抗体が陽性であり,リスク評価に有用かもしれない.

Successful Management of Natalizumab-Associated Progressive Multifocal Leukoencephalopathy and Immune Reconstitution Syndrome in a Patient With Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2010;67(11):1391-1394.
ナタリツマブによる進行性多巣性白質脳症に対しナタリツマブ除去目的での血漿交換及びミルタザピンとメフロキン投与、その後の免疫再構築症候群に対しステロイドを使用することにより治療が奏効した多発性硬化症の21歳女性例

Natalizumab and Progressive Multifocal Leukoencephalopathy: What Are the Causal Factors and Can It Be Avoided? Arch Neurol. 2010;67(8):923-930.
ナタリツマブに関連した進行性多巣性白質脳症の原因、病因に関する総説

Giant urticaria and persistent neutralizing antibodies after the first natalizumab infusion. Neurology 2010 74: 1394-1395.
ナタリツマブ初回投与8日後にI型アレルギーにより巨大蕁麻疹が出現し、中和抗体が持続陽性であった多発性硬化症の37歳女性例

Severe cutaneous Candida infection during natalizumab therapy in multiple sclerosis. Neurology 2010 74: 521-523.
ナタリツマブ使用中に重症皮膚カンジダ症を併発した多発性硬化症の61歳女性例

Immune responses to JC virus in patients with multiple sclerosis treated with natalizumab: a cross-sectional and longitudinal study. Lancet Neurol. 2010 Jan 28.
多発性硬化症に対するナタリズマブ療法の1年間の観察では約25%でJCウィルスが尿から検出されるが血中からは検出されず、JC, CMV, EBVあるいはミエリン関連蛋白に対するリンパ球の反応性が見られた

Treatment of progressive multifocal leukoencephalopathy associated with natalizumab. N Engl J Med. 2009 Sep 10;361(11):1075-80.
ステロイドパルス療法により症状が落ち着いたナタリズマブ関連PMLの52歳多発性硬化症症例

Progressive multifocal leukoencephalopathy after natalizumab monotherapy. N Engl J Med. 2009 Sep 10;361(11):1081-7.
多発性硬化症に対するナタリズマブ療法により免疫再構築症候群と考えられる病変が出現した症例

Asymptomatic reactivation of JC virus in patients treated with natalizumab. N Engl J Med. 2009;361:1067-74.
多発性硬化症においてnatalizumab使用中はPMLを発症しなくてもJCウィルスの活性化が見られる

Ocular toxoplasmosis during natalizumab treatment. Neurology 2009 73: 1418-1419.
ナタリズマブ治療中に眼トキソプラスマ症を併発した多発性硬化症の28歳男性

Natalizumab treatment is associated with peripheral sequestration of proinflammatory T cells. Neurology 2009 72: 1922-1930.
多発性硬化症患者においてNatalizumab治療は末梢血中のIFN-γ、IL-17、TNF-alphaなどのサイトカインを発現したT細胞を増加させた

Recurrent pericarditis due to natalizumab treatment. Neurology 2009 72: 1616-1617.
ナタリズマブにより再発性の心膜炎を来たしたと考えられた多発性硬化症の28歳女性例

Effect of plasma exchange in accelerating natalizumab clearance and restoring leukocyte function. Neurology 2009 72: 402-409.
血漿交換療法により血中のNatalizumabは除去され、白血球の機能も変化する

Natalizumab Use in Pediatric Multiple Sclerosis. Arch Neurol. 2008;65:1655-1658.
他の免疫抑制剤の効果の乏しい小児の再発寛解型MSに対してNatalizumab(3-5 mg/kg/月)は効果的であった

Natalizumab disproportionately increases circulating pre-B and B cells in multiple sclerosis. Neurology 2008 71: 1350-1354.
NatalizumabはCD19陽性のcirculating B細胞とCD19/CD10陽性のcirculating pre-B cellsを増加させる

The use of natalizumab (Tysabri) for the treatment of multiple sclerosis (an evidence-based review): Report of the Therapeutics and Technology Assessment Subcommittee of the American Academy of Neurology. Neurology 2008 71: 766-773.
多発性硬化症に対するnatalizumab(α4-integrin抗体) 使用に関する総説

Allergic and Nonallergic Delayed Infusion Reactions During Natalizumab Therapy. Arch Neurol. 2008;65:656-658.
natalizumab (α4-integrin抗体) の遅発性注入反応はMS40例中4人に出現し薬剤中止あるいはステロイド投与が必要になる場合が少なくない

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください