リウマチ性多発筋痛症 治療

ステロイド少量投与以外効果的な薬物療法はありません。
処方例
プレドニゾロン 15?20?/日(経口:2?3回分服)

    これでおよそ12時間後から症状が劇的に改善し始めます、もし効果がないようであれば他の疾患も疑います。
    赤沈、CRPも定期的に測定し治療の反応を見ましょう。
    その後、1-2?/日ずつ減量し、維持量を2.5-5?/日前後にして1年以上継続します。
    稀に長期に症状が持続する例があり、なかには10年以上ステロイド剤を継続しなければならない例もあります。
    10年以内に再発することが10%程度の確率であります。
    その他、NSAIDs、効果は確立されていませんが難治例に対するMTX、抗TNF-α薬などの報告もあります。

側頭動脈炎を合併している場合はより大量のステロイド投与(プレドニゾロン 60mg/日より開始)が必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください