高容量ステロイド療法 update

Guidelines on the management and treatment of glucocorticoid-induced osteoporosis of the Japanese Society for Bone and Mineral Research: 2014 update. J Bone Miner Metab. 2014 May 13.
ステロイド性骨粗鬆症の治療ガイドライン 2014年度版

Suicidal behavior and severe neuropsychiatric disorders following glucocorticoid therapy in primary care. Am J Psychiatry. 2012;169(5):491-7.
glucocorticoidの投与を受けた患者のほうが受けなかった患者に比べて精神症状の発生率は約3倍高く、自殺行為、躁病、および譫妄/錯乱がおよそ4-6倍の範囲で、パニック障害およびうつ病が約1.5倍であった。発生率は、神経精神疾患の既往歴を有する場合、そしてglucocorticoidの投与量が多くなるに従って(とりわけ、prednisoneに換算して40mg/日以上に相当する場合に)上昇した。

A short-term randomized MRI study of high-dose oral vs intravenous methylprednisolone in MS. Neurology 2009 73: 1842-1848.
多発性硬化症の造影病変に対して、経口のプレドニン大量投与は同量のプレドニンの静注投与と比較して病変減少効果に関して非劣性はなかった(効果は同等であった)

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください