リウマチ性多発筋痛症 診断


症状
痛み、こわばり:後頚部、肩(肩甲帯)、骨盤帯、四肢近位部分に痛みと朝のこわばり(morning stiffness)のが特徴ですが、強い肩こりとして訴える方もいます。
うつ症状:易疲労性、食欲低下、体重減少、うつ症状
比較的急に症状を自覚しますが、その後徐々に痛みの部位が広がり持続します。筋力低下はありませんが、痛くて動かせない場合も多いので、診察時には注意してください。なぜか、50歳以下では発症しません。

病態
不明。parvovirusB19、Mycoplasma pneumoniae、Chlamydia pneumoniae感染との関連を疑う研究があり、さらにHLA DR4 alleleとの関連を示唆する報告があります。

診断
診断基準の1つ

1. 両側の肩に痛みとこわばりがある。
2. 発病から2週間以内に症状が完成する。
3. 朝のこわばり(頚部、肩甲帯、腰帯)が1時間以上続く。
4. 赤沈が40mm(1時間値)以上に促進する。
5. 65歳以上に発病する。
6. うつ状態ないしは体重減少がある。
PMRを疑う基準:
A.上述の項目のうち、3項目を充たす場合.
B.上述の項目のうち1項目以上を充たし、また臨床的、病理組織学的に側頭動脈に異常が認められる場合

血液検査:赤沈、CRPが上昇することも良くあります。RA、CCP3抗体、MMP-3などを測定し関節リウマチを極力除外。CK測定し、筋炎を極力除外
超音波検査:三角筋下の滑液包炎 (bursitis)、肩関節の上腕二頭筋の腱鞘滑膜炎 (tenosynovitis)などの所見が得られることがあります。また、関節リウマチとの鑑別のため関節エコーも有用です
筋MRI:筋炎の所見がないことを確認する

側頭動脈炎
原因不明の中大動脈の血管炎として巨細胞性肉芽腫性動脈炎 (giant cell arteritis) がありますが、その一つである側頭動脈炎temporal arteritisの50-75%にPMRが併発します。一方、PMRの15-40%に側頭動脈炎が併発します。失明することもありPMRよりやっかいで危険な病気です。以下が代表的な症状です。

    発熱、側頭動脈の圧痛
    最近出現した頭痛(側頭動脈の拍動性の頭痛、側頭痛など)
    物を噛むときの顎の痛み
    視覚、視野、視力障害

これらに、赤沈の著明な亢進、CRP陽性などがあり疑った場合は、側頭動脈生検をしてください

鑑別診断
炎症性疾患

    慢性関節リウマチ:多くは遠位部の関節、RA因子などの血液マーカー、関節のerosion、関節エコー
    脊椎関節症(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎):背部の痛みやこわばりが目立つ。脊椎レントゲン所見、乾癬の有無
    RS3PE症候群 (Remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema):手や足の浮腫
    多発性筋炎/皮膚筋炎:CK上昇、近位筋筋力低下、皮疹
    好酸球性筋膜炎
    膠原病(血管炎、SLE、シェーグレン、強皮症、サルコイドーシス)

非炎症性疾患

    線維性筋痛
    悪性腫瘍(悪性リンパ腫、白血病、骨髄腫、アミロイドーシスなど)
    変形性関節症、頚椎症
    癒着性関節包炎(五十肩)
    感染症(結核、感染性心内膜炎、骨髄炎)
    パーキンソン症候群
    内分泌異常(甲状腺機能亢進症と低下症、副甲状腺機能亢進症と低下症、偽痛風、骨軟化症)

コメントを残す