可逆性白質脳症 (PRES) 治療

1. 誘因因子の解除
高血圧、原因薬剤、てんかん発作の治療、膠原病の治療など。特に高血圧は、持続静注で比較的早期にコントロールしたほうが良いと思います。以下のものが原因として有名です

    原因
    高度の高血圧症
    腎障害
    子癇
    肝不全,肝移植
    薬剤:シクロスポリン、タクロリムス、シスプラチン、メソトレキセート、シタラビン髄注
    膠原病・自己免疫疾患:SLE、TTP、MPN 、ウェジナー肉芽腫症
    血液系悪性腫瘍
    内分泌・代謝疾患:褐色細胞腫、高カルシウム血症
    頭部外傷

2. 脳血管攣縮を伴う場合
Ca拮抗薬

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください