妊娠と抗痙攣薬

妊娠中の抗痙攣薬内服による、催奇形性の危険性は以下様に報告されています[ref1]。バルプロ酸(デパケン)内服、併用両方はどうしても催奇形性の危険性が上昇してしまいます。
ラモトリジン (LTG)の催奇形性は低いようです。その他の新薬では、topiramate (TPM)は6-7%と高く、gabapentin (GBP)は3%程度、levetiracetam (LEV)はばらつきが多いものの結構低いようです[ref2]

治療 患者数 奇形発現率(%) [95%Cl]
AED非服用女性 108,084 3.27 [1.37-5.17]
単剤療法 CBZ 4,411 4.62 [3.48-5.76]
LTG 1,337 2.91 [2.00-3.82]
PB 945 4.91 [3.22-6.59]
PHT 1,198 7.36 [3.60-11.11]
VPA 2,097 10.73 [8.16-13.29]
併用療法 CBZ+1 942 7.10 [3.71-10.49]
LTG+1 599 5.59 [1.11-10.08]
PB+1 603 9.19 [5.88-12.50]
PHT+1 720 11.47 [6.65-16.30]
VPA+1 694 9.79 [7.57-12.02]

Pregnancy outcomes in women with epilepsy: a systematic review and meta-analysis of published pregnancy registries and cohorts. Epilepsy Res. 2008 Sep;81(1):1-13.

また、AEDの乳汁移行率は以下の通りです。

AED 乳汁移行率(%)*
VPA <10
PHT 20
CBZ 40
PB 50
PRM 80
TPM 86
ZNS 41-57
LTG 41.3(5.7-147.1)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください