偽膜性大腸炎 update

Long-Term Follow-Up of Colonoscopic Fecal Microbiota Transplant for Recurrent Clostridium difficile Infection. Am J Gastroenterol. 2012 Jul;107(7):1079-87.
C. Difficile感染症に対する便移植の長期的治癒率は91%と治療効果は非常に高い

Risk of Clostridium difficile Infection With Acid Suppressing Drugs and Antibiotics: Meta-Analysis. Am J Gastroenterol. 2012 Jul;107(7):1011-9.
メタアナリシスによる検討では、C. difficile感染症のリスクは、PPI使用者の方が非使用者よりも1.7倍に高かった

Host and pathogen for Clostridium difficile infection and colonization. N Engl J Med. 2011;365:1693-703.
医療関連C.difficile感染症及び保菌例では、高齢、抗菌薬・プロトンポンプ阻害薬の使用が感染症と関連し、直前2ヵ月以内における入院、化学療法・プロトンポンプ阻害薬、H2 遮断薬の使用、毒素Bに対する抗体が保菌と関連していた

Treatment with Monoclonal Antibodies against Clostridium difficile Toxins. N Engl J Med. 2010;362:197-205.
Clostridium difficile(C. difficile)感染の再発に対して、抗C. difficileモノクローナル抗体(CDA1+CDB1)が有効である

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください