偽膜性大腸炎 治療

基本的な治療法

    1. metronidazole 250mg 4 回/日 経口 または 500mg 3 回/日 10?14 日

2. メトロニダゾール無効例、あるいは非耐容、副作用出現時

    vancomycin 125mg 4 回/日 経口 10?14 日

3.重症例

    vancomycin 250?500mg 4 回/日 経口 10?14 日

再発性偽膜性大腸炎
1. 初回再発 初回と同治療を行う
2. 再発 (2 回目以後)
vancomycin 減量法

    125mg 4 回/日 経口 7日
    125mg 2 回/日 経口 7日
    125mg 1回/日 経口 7日
    125mg 1回/隔日 経口 7日

vancomycin 間欠投与法

    125~500mg 1 回/2~3 日 経口 21 日

vancomycin, cholestyramine 併用

    vancomycin 125~250mg 4 回/日 経口+cholestyramine 4g 3 回/日 経口 14 日

vancomycin, rifampicin 併用

    vancomycin125mg 4 回/日 経口+rifampicin 300mg 2 回/日 経口 7~14 日

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください