肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症 update

Effectiveness of intermittent pneumatic compression in reduction of risk of deep vein thrombosis in patients who have had a stroke (CLOTS 3): a multicentre randomised controlled trial. Lancet. 2013;382:516-24.
脳卒中による運動麻痺が強い症例に対して、圧迫デバイスにより無症状の近位深部静脈血栓症は予防されたが、有症状の近位深部静脈血栓症や確認された肺塞栓症は予防されなかったが、全死亡率は低下する「傾向」にあった

Oral Apixaban for the Treatment of Acute Venous Thromboembolism. N Engl J Med. 2013 Jul 1.
apixabanはenoxaparin+warfarinと同等に有効であり、出血性合併症の発生が少なかった

Extended use of dabigatran, warfarin, or placebo in venous thromboembolism. N Engl J Med. 2013;368:709-18.
深部静脈血栓症の再発リスク減少性の有効性はダビガトランとワーファリンは同等で、出血合併症はダビガトランでワーファリンよりも少なかった(冠動脈イベントはダビガトランでわずかに高かった)

Efficacy and safety of novel oral anticoagulants for treatment of acute venous thromboembolism: direct and adjusted indirect meta-analysis of randomised controlled trials. BMJ. 2012 Nov 13;345:e7498.
急性静脈血栓塞栓症患者に対して新規の経口抗凝固薬はビタミンK拮抗薬と同等に有効である

Aspirin for Preventing the Recurrence of Venous Thromboembolism. N Engl J Med 2012; 366:1959-1967.
抗凝固療法を中止した誘因のない静脈血栓塞栓症患者に対するアスピリン投与により,重大な出血のリスクの症状はなく、再発のリスクは減少した(年 5.9% 対 11.0%,ハザード比 0.55,95% CI 0.33?0.92)

Oral Rivaroxaban for the Treatment of Symptomatic Pulmonary Embolism. N Engl J Med. 2012 Mar 26.
肺塞栓症の初期治療と長期的治療において,リバーロキサバン単剤の固定用量レジメンは標準療法に対して非劣性であり,利益対リスク特性が改善されている可能性があった

Risk of pulmonary embolism in patients with autoimmune disorders: a nationwide follow-up study from Sweden. Lancet. 2012;379:244-9.
自己免疫疾患は入院1年目の肺塞栓症の発症リスクを増大させた [免疫性血小板減少性紫斑病(SIR:10.79)、結節性多発動脈炎(同:13.26)、多発性筋炎/皮膚筋炎(同:16.44)、全身性エリテマトーデス(同:10.23)]

Long-term outcome after additional catheter-directed thrombolysis versus standard treatment for acute iliofemoral deep vein thrombosis (the CaVenT study): a randomised controlled trial. Lancet. 2012;379:31-8.
ランダム化比較試験により、腸骨・大腿静脈DVTの初回発症患者において、カテーテルによる血栓溶解が、後遺症の軽減をもたらすことが示唆された

Apixaban versus enoxaparin for thromboprophylaxis in medically ill patients. N Engl J Med. 2011;365:2167-77.
内科疾患患者に対する血栓予防に関して、アピキサバンを30日間経口投与する群とエノキサパリンを6-14日間皮下投与する群では効果が同等であり、アピキサバン群では重大な出血イベントが有意に多かった

Performance of 4 Clinical Decision Rules in the Diagnostic Management of Acute Pulmonary Embolism: A Prospective Cohort Study. Ann Intern Med. 2011;154:709-718.
Dダイマーの検査と組み合わせた4つの臨床決定ルールは、急性PEの除外に同等に有用であり、臨床医は診療の場での選好に基づき、4つのルールのどれでも選択することができる。

Risk assessment of recurrence in patients with unprovoked deep vein thrombosis or pulmonary embolism: the Vienna prediction model. Circulation. 2010 Apr 13;121(14):1630-6.
原因が明らかではない深部静脈血栓症や肺塞栓症の初回発症の人の再発リスクは以外に高く、抗凝固薬の投与を中止して20%弱がDVTや肺塞栓を再発し、男性(ハザード 比:1.90)、近位深部静脈血栓症(同:2.08)、肺塞栓症(同:2.60)、高Dダイマー値(2倍となるハザード比:1.27)がリスク因子として上げられた

Dabigatran versus warfarin in the treatment of acute venous thromboembolism. N Engl J Med. 2009 Dec 10;361(24):2342-52.
急性静脈血栓塞栓症の治療において,固定用量のダビガトランはワルファリンと同程度に有効で,同等の安全性プロファイルを示し,検査によるモニタリングを必要としない.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください