PET update

Imaging matrix metalloproteinase activity in multiple sclerosis as a specific marker of leukocyte penetration of the blood-brain barrier. Sci Transl Med. 2016;8(364):364ra152.
多発性硬化症に対するMMPリガンドを使用したPETではBBBを透過した炎症を評価できる

Cerebral cortical and subcortical cholinergic deficits in parkinsonian syndromes. Neurology 2010 74: 1416-1423.
[11C]PMP-PETで評価したコリンアセチルトランスフェラーゼ活性は、大脳皮質ではPDと同程度にMSA-P、PSPでも低下し、皮質下ではPDよりも有意にMSA-P、PSPで低下していた

Serotonin 2A Receptors and Visual Hallucinations in Parkinson Disease. Arch Neurol. 2010;67(4):416-421.
幻覚を伴うパーキンソン病では腹側視覚路の18F-Setoperoneの集積が増加しており5-HT2Aの関与が示唆された

Longitudinal cognitive decline is associated with fibrillar amyloid-beta measured by [11C]PiB. Neurology 2010 74: 807-815.
[11C]PiB-PETによる解析では、Aβの蓄積が大きいほど精神状態や言語記憶の障害の経時的な悪化が強いが、視覚記憶の悪化との関連はなかった

β-Amyloid burden in the temporal neocortex is related to hippocampal atrophy in elderly subjects without dementia. Neurology 2010 74: 121-127.
認知症のない高齢者において下側頭皮質でのPIBの集積と、海馬の萎縮には有意の相関が認められる

In vivo amyloid imaging in autopsy-confirmed Parkinson disease with dementia. Neurology 2010 74: 77-84.
剖検で診断された認知症を伴うパーキンソン病3例において、レビー小体の蓄積量とは関係なく大脳皮質にAβプラークが多く見られた症例で同部位でのPIBの集積が生前に見られていた

Absence of Pittsburgh Compound B Detection of Cerebral Amyloid β in a Patient With Clinical, Cognitive, and Cerebrospinal Fluid Markers of Alzheimer Disease: A Case Report. Arch Neurol. 2009;66(12):1557-1562.
[11C]PIB-PETで異常が検出されないにも関わらず認知機能障害が出現し髄液Aβ、タウ蛋白の異常が検出され、アルツハイマー病と確定診断された91歳剖検例

Cognitive Decline and Brain Volume Loss as Signatures of Cerebral Amyloid-β Peptide Deposition Identified With Pittsburgh Compound B: Cognitive Decline Associated With Aβ Deposition. Arch Neurol. 2009;66(12):1476-1481.
CDR0の高齢者において、[11C]PIB-PET集積は海馬や帯状回の体積低下と認知機能悪化と相関していた

Pittsburgh Compound B Imaging and Prediction of Progression From Cognitive Normality to Symptomatic Alzheimer Disease. Arch Neurol. 2009;66(12):1469-1475.
[11C]PIB-PETで皮質集積が見られる高齢者はアルツハイマー病への移行しやすいようだ

Stroke Incidentally Identified Using Improved Positron Emission Tomography for Microglial Activation. Arch Neurol. 2009;66(10):1288-1289.
ミクログリア活性化のトレーサー[11C]PBR PETで偶然脳梗塞が発見された42歳男性例

Follow-up of [11C]PIB uptake and brain volume in patients with Alzheimer disease and controls. Neurology 2009 73: 1186-1192.
[11C]PIB PETによる検討ではアルツハイマー病では2年の追跡期間で脳萎縮は進行しているにもかかわらずPIBの集積の増加はなく、対照群では皮質のPIB集積増加は認知機能障害の予測因子であった

Relationships between biomarkers in aging and dementia. Neurology 2009 73: 1193-1199.
[11C]PIBの集積と髄液Aβ42の値はお互い関連があるが認知機能障害との相関は認められず、FDG PETの所見は他のバイオマーカーとの関連は弱いが、より認知機能との関連が強かった

Conversion of amyloid positive and negative MCI to AD over 3 years: An 11C-PIB PET study. Neurology 2009 73: 754-760.
PIB陽性の軽度認知機能障害(MCI)症例は高率にアルツハイマー病に移行し、集積が強いほど早く移行するようだ

Detection of isolated cerebrovascular beta-amyloid with Pittsburgh compound B. Ann Neurol. 2008;64:587-91.
アイオワ型脳アミロイド血管症の42歳女性のピッツバーグコンパウンドBを用いたPETで,ADとは異なったパターンの線維性βアミロイドの沈着を検出することができた.

Imaging of opioid receptors in the central nervous system. Brain 2008 131(5):1171-1196
PETによる脳内オピオイドレセプターシグナル定量に関するReview

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください