糖尿病性末梢神経障害 update

Treatment-induced diabetic neuropathy: a reversible painful autonomic neuropathy. Ann Neurol. 2010;67:534-41.
強化血糖コントロールに伴い8週間以内に靴下・手袋型分布の重度の神経性疼痛する例が存在し、自律神経症状がみられることが多い、網膜症も悪化するなどの特徴があった

Association of metformin, elevated homocysteine, and methylmalonic acid levels and clinically worsened diabetic peripheral neuropathy. Diabetes Care. 2010 Jan;33(1):156-61.
2型糖尿病患者においてメトホルミン(メルビン)内服は末梢神経障害の悪化及び血清VitB12の低下と関連していた

Phenotypic spectrum of hereditary neuralgic amyotrophy caused by the SEPT9 R88W mutation
J Neurol Neurosurg Psychiatry 2010;81:94-96

SEPT9 R88W変異による家族性神経痛性筋萎縮症の臨床症状は、上肢の激しい疼痛と麻痺、感覚障害で、生理検査では軸索障害と部分的脱髄が認められた.

Vascular endothelial growth factor gene transfer for diabetic polyneuropathy: a randomized, double-blinded trial.Ann Neurol. 2009;65:386-93.
糖尿病性末梢神経障害に対してVEGF発現ベクターの筋注による遺伝子治療の少人数での試験では,筋力や感覚障害の症状は軽度改善したが電気生理学的な改善は明らかでなかった.

Evaluation of prednisone treatment in the acute phase of neuralgic amyotrophy: An observational study.JNNP. 2009; 80: 1120-1124.
神経痛性筋萎縮症の回顧的な解析では急性期のプレドニゾロン投与により疼痛消失期間の短縮,筋力回復患者の増加が見られている.

Quantification of sweat gland innervation: A clinical-pathologic correlation. Neurology 2009 72: 1479-1486.
ステレオロジーを使用した汗腺支配神経密度の測定は軽度の糖尿病性末梢神経障害であっても有意な低下を検出でき、臨床症状ともよく相関する

Botulinum toxin for diabetic neuropathic pain: A randomized double-blind crossover trial. Neurology 2009 72: 1473-1478.
有痛性糖尿病末梢神経障害に対してボツリヌス毒素投与が有効であった

Intravenous Immunoglobulin Is Effective In Diabetic Patients With Chronic Inflammatory Demyelinating Polyneuropathy: Long Term Follow-Up. JNNP. 2008 Sep 3. [Epub ahead of print]
末梢神経障害のある糖尿病患者の8%がCIDPの診断基準を満たすものであり,IVIgにより改善がみられた.

Activity-dependent excitability changes suggest Na+/K+ pump dysfunction in diabetic neuropathy. Brain 2008 131(5):1209-1216
糖尿病性ニューロパチーでは、ATP依存性Na+/K+イオンチャンネルの機能的な障害を認める

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください