多発性硬化症(MS) 治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン2017

治療はもちろん稀な進行型MSを除けば、急性期治療と再発予防治療に分かれます。
急性期治療は、第一選択薬は今でもやはりステロイドが使用されます。ただし、ステロイドが長期的な予後を改善するかどうかは明確な証拠がないため、むやみに使用することは避けるべきと考えます。日本でのみ認可されている血漿交換療法は長期的な有効性は否定的ですので、ステロイドの反応性の悪い場合に限られます。
再発予防治療防は、最もエビデンスが蓄積されているIFN-βを中心に、効果が乏しい場合には、コパキソン、テクフィデラ、フィンゴリモドを使用し、難治例にはナタリツマブ(分子標的薬)などだいぶ選択肢が増えてきました。

急性期治療
1. 高用量ステロイド療法
2クール施行しても効果が乏しい場合、血漿浄化療法も考慮します
2. ステロイド経口投与
短期的、長期的な有効性を示すデーターはありません。上記のパルス療法の後療法として用いられることもあります。一方で、最近はステロイドパルス療法のみの場合も増えてきました。プレドニゾロン40-60mg/日から徐々に減量し、2-4週間で中止。
3. 血液浄化療法
単純血漿交換隔日3回を1クールとして 1-2クールなど

再発予防
1. インターフェロンβ

    ベタフェロン(IFNβ1b):800万国際単位、隔日、皮下注
      あるいは
    アボネックス筋注用シリンジ30μg 週1回投与、筋注

再発予防効果が乏しい場合には、血中のIFNβ中和抗体を測定します(東北大学に提出して測定します)。
IFNβ中和抗体は陰性化することもありますが、持続的に数年間消失しない場合には中止。これらで再発効果の乏しい場合はジレニアなど他の免疫調整剤の使用を考慮します。本邦で多いNMOの場合は、IFNβによる増悪例の報告もあり、使用されないことが多いようです。
RRMSに対してのベタフェロンnon-responderに対しては、最近ではRio scoreあるいはmodified Rio scoreで評価することが多いと思います[ref]。
その他の禁忌、相対的禁忌は>こちら

2. コパキソン

毎日皮下注が必要ですが、妊娠への影響は少ないという利点があります。妊娠中は中止しますが。

3. テクフィデラ
2017年より本邦でも処方可能となりました。フィンゴリモドよりも免疫抑制系の副作用がやや少ない印象もあります

4. フィンゴリモド(ジレニア)
IFNβと異なり経口内服薬であるという利点があります。さらにTRANSFORM試験では、IFNβによる再発予防効果の乏しい症例に対して、IFNβの継続よりもより効果的な再発予防効果を認めました。ただし、Tumefactive MSに対しては、本薬剤の投与で返って病変を再発させてしまう報告もありますので、使用は難しいかと考えます。

5. ナタリツマブ
再発予防効果は非常に高く、まもなく保険適応されると思います。特にJCウィルス中和抗体保持者は、炎症性PMLやIRIS発症の可能性も高くなるため注意深い観察が必要です。

6. その他の免疫調整剤

対症療法
痙性しびれ神経痛排尿障害などによる治療
有痛性強直性痙攣(painful tonic spasm)に対しては、メキシチールがとても効果的です

進行型MS
治療法は確立されていません。シクロホスファミドのパルス療法が試みられ、有効であったとの報告があります。その他、やはり再発予防と同様にIFNβ1やフィンゴリモド、免疫抑制剤を使用することになります。

    シクロホスファミドパルス
    IFNβ
    フィンゴリモド(ジレニア)
    ミトキサントロン
    メソトレキセート
    リツキサン(CD20モノクローナル抗体)
    免疫グロブリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください