肝性脳症 診断

病態
食事中の蛋白質は腸内細菌の作用によりアンモニアに変換されて、アンモニアは肝臓で尿素に代謝されることになってます。
肝硬変などの肝機能障害によって、門脈血が肝臓を通らず、全身の循環系(下大静脈)に直接流入(portal – systemic shunt)と高アンモニア血症になり以下の症状を来します

臨床症状

    意識障害:異常行動,肝性昏睡
    不随意運動:はばたき振戦

診断

    血液:血漿アンモニア値の上昇(肝性脳症をおこす真の原因物質は不明)
    脳波:三相波
    脳MRI:T1強調画像における淡蒼球,中脳大脳脚の高信号(マンガンの沈着によるものではないかと考えられています)

triphasic

典型的な三相波

    基線の上下を交替する3つの成分(陰−陽−陰、または、陽−陰−陽)から構成されます
    三相波の持続は300〜500msec程度で、成分的な持続時間は第3相が最も長く、次いで第2相、第1相という順になります
    振幅は一般に最初の陰性部分が50〜100μV、次の陽性部分が200〜300μV、最後の陰性部分が200〜300μVであり、一般に第2相が最も大きくなります
    前頭極・前頭・中心優位に出現します
    多くの場合、左右対称性・同期性です
    三相波は肝性脳症(肝性昏睡・肝脳疾患)にかなり特徴的に出現します
    三相波は嗜眠状態・せん妄状態の時期に現われ、最も多く観られるのは半昏睡の時期です

コメントを残す