一過性脳虚血発作(TIA) update

Clopidogrel with aspirin in acute minor stroke or transient ischemic attack. N Engl J Med. 2013;369:11-9.
発症24時間以内のTIAもしくは軽度脳梗塞に対して、クロピドグレル+アスピリンの21日間の併用療法は、アスピリン単独療法に比べ90日以内の脳卒中発症リスクを減少させる 

Population-based study of capsular warning syndrome and prognosis after early recurrent TIA. Neurology. 2012;79:1356-62.
一過性脳虚血発作において小血管性サブタイプによるcapsular warning syndromeは全TIAのうち1.5%と希ではあるが、発症7日以内の脳卒中再発率は60%と予後不良である

Concurrent acute brain infarcts in patients with monocular visual loss. Ann Neurol. 2012 Aug;72(2):286-93.
虚血を原因とする単眼視力低下を呈する症例では、24%に拡散強調画像で脳梗塞が認められた

Distal hyperintense vessels on FLAIR images predict large-artery stenosis in patients with transient ischemic attack. Neuroradiology. 2012 Sep 23.
TIAでは、FLAIR画像による遠位部動脈の高信号が33%に認められ、動脈高信号は主幹動脈狭窄及び閉塞と有意な関連を認めた

Patients With Transient Ischemic Attack With ABCD2 <4 Can Have Similar 90-Day Stroke Risk as Patients With Transient Ischemic Attack With ABCD2 >=4. Stroke. 2012;43:863-5.
ABCD2スコアが4点未満であっても、内頚動脈に50%以上もしくは症候性の狭窄がある場合、塞栓症を起こしうる心疾患や心エコー所見がある場合は、再発のリスクが高い

Transient ischemic attacks characterized by RNA profiles in blood. Neurology. 2011;77:1718-24.
一過性脳虚血発作急性期の血清をマイクロアレイにより解析したところ、大きく二群の遺伝子プロファイルに分類された

Early stroke risk and ABCD2 score performance in tissue- vs time-defined TIA: a multicenter study. Neurology. 2011;77:1222-8.
TIA患者3,200人のうち28%にDWIで高信号病変が認められ、7日の時点での脳卒中発生率は、DWI陽性患者では7%、DWI陰性患者ではわずか0.4%であり、DWI陽性者はABCD2スコアも高かった

Prospective validation of the ABCD2 score for patients in the emergency department with transient ischemic attack. CMAJ. 2011;183:1137-45.
カナダの救急外来における検討では、TIAのABCD2スコアはAHAの推奨する2点以上であっても特異度が12.5%と低く、脳卒中リスクの予測因子として不十分な可能性がある

Yield of systematic transcranial Doppler in patients with transient ischemic attack.Ann Neurol. 2010;68:9.
TIAの急性期(初診時)に経頭蓋ドップラー検査を行う事は,脳梗塞の危険の高い患者を選別するのに有用である.

Low risk of rebound events after a short course of clopidogrel in acute TIA or minor stroke. Neurology 2010 74: 1891-1896.
一過性脳虚血発作や軽症脳梗塞に対する、アスピリンとクロピドグレル併用療法は投与30日後にクロピドグレルを中止することによりイベント発生率が増えることはないようだが、急性期の効果を含めて今後の研究が必要である

Multicenter external validation of the ABCD2 score in triaging TIA patients. Neurology 2010 74: 1351-1357.
一過性脳虚血発作ではABCD2スコアが3以上の場合90日以内の脳卒中発症の危険性がほぼ5倍に上昇することが確認でき、最近のTIA入院適応のガイドラインの方針を支持する結果であった

Neuroimaging of Transient Ischemic Attack. Arch Neurol. 2010;67(6):772-773.
脳MRAで中大脳動脈閉塞の再開通が確認されたTIAの81歳男性例

Limb-shaking transient ischaemic attacks in patients with internal carotid artery occlusion: a case-control study. Brain 2010 133: 915-922
一過性のLimb-shakingは5分以内に消失する場合が多く、limb-shakingを生じる群は、生じないTIAあるいは軽症脳卒中と比較して、内頚動脈の高度狭窄が多く、脳卒中の再発が多く、側副血行路が発達していることが多かった

Early clinical worsening in patients with TIA or minor stroke: The Austrian Stroke Unit Registry. Neurology 2010 74: 136-141.
一過性脳虚血発作や軽症脳梗塞では約4.5%で早期に症状の悪化を来たし、高血圧、糖尿病、心不全、急性感染症、大血管病変、ABCD2スコアが4点以上などが症状の悪化に関連する

Most stroke patients do not get a warning: a population-based cohort study. Neurology 2009 73: 1074-1076.
脳梗塞発症前にTIA発作があるのは8人に1人とそれほど多くはない

Definition and evaluation of transient ischemic attack: a scientific statement for healthcare professionals from the American Heart Association/American Stroke Association Stroke Council. Stroke. 2009;40:2276-93. Review.
AHA/ASAによる一過性脳虚血発作の定義と評価

A systematic review of delays in seeking medical attention after transient ischaemic attack. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80: 871-875.
TIAの早期受診率を上げるには患者教育が重要。

Population-based study of risk and predictors of stroke in the first few hours after a TIA. Neurology 2009 72: 1941-1947.
一過性脳虚血発作時のABCD2 scoreは発症12時間後、24時間後の脳梗塞発症の危険性と強い関連があり、ABCD2 scoreは有用と考えられる

A systematic review of delays in seeking medical attention after transient ischaemic attack. JNNP. 2009 Mar 8. [Epub ahead of print]
過去の文献での解析から,TIAの際の診察の遅れは患者の症状の認識不足による受診の遅れが原因のことが多く,救急外来をすぐに受診するように教育が必要である.

Yield of combined perfusion and diffusion MR imaging in hemispheric TIA. Neurology 2009 72: 1127-1133.
拡散画像とPerfusion画像の組み合わせでTIAの約半数で異常が検出できる

Early Stroke Risk After Transient Ischemic Attack Among Individuals With Symptomatic Intracranial Artery Stenosis. Arch Neurol. 2008;65:733-737.
TIAの症例は発症90日以内に6.9%が主に狭窄動脈還流領域に脳梗塞を発症するが、TIA発症時に脳画像で梗塞病変が認められる症例はより脳梗塞発症の危険性が高い

Reflux of jugular and retrobulbar venous flow in transient monocular blindness. Ann Neurol. 2008;63:247-53.
一過性の片側性失明は,片側の頸動脈病変や塞栓症の原因となる心疾患のない症例では,頚静脈や上眼静脈の逆流が認められることが多く,静脈還流の障害が病因となっている可能性がある

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください